Item

キャッシュレス財布に最適!ラシカルのエアーウォレット【Rasicalレビュー】

RASICAL(ラシカル)というブランドのキャッシュレスの財布が気になる。どんな感じだろう?

こういった疑問にお答えします。

 

最近キャッシュレス事情が広まり、財布をコンパクトにして持ち物は最低限にしたいと考えていると思います。

 

そこで、今回はRasicalというブランドの財布を以下の内容で解説したいと思います。

本記事の内容

  • キャッシュレスに最適な財布(機能・収納・値段)
  • Rasicalはどんな会社
  • メリット・デメリット

 

こういった内容でお話をさせていただきます。

 

 

スポンサーリンク

キャッシュレスに最適な財布(機能・収納・値段)

 

まず、現物をお見せします。

 

 

カードサイズの大きさとなっているので非常にコンパクトになっています。

縦×横×幅(幅はボタン部分除く) 103mm×63×14mm
重さ 約71g
アルミケース部分 収納枚数 6枚
その他カードポケット 2ヶ所
紙幣ポケット 1ヶ所

コンパクトながらに、十分な収納機能を持った財布となっています。

動画にしてみたので参考にしてみてください。

 

こんな感じです。

カッコいいですよね!

ここでオススメのポイントをご紹介します。

 

①機能:カードの取り出しが便利

レバーを引っ張るだけでカードが出てくるので、支払い時にも瞬時に見分けることができます。

レバーは軽く引っ張るだけで、滑らかに出てきますので女性の方でも使いやすいと思います。

アルミケース部分のカードケースはしっかりと固定されているので、振ったりしてしても落ちないようになっています。

 

そして、スキミング防止ケースを搭載していて、ケースに入れた交通カード、クレジットカードなどの重要なカード情報を守ってくれる機能がありますのでセキュリティーに関しても安心です。

 

②収納:コンパクトかつ大容量

カードはアルミケースに最大6枚、アルミケースの外側に2ヶ所、全部合わせると8枚入れることができます。

 

また、紙幣ポケットがありますので現金しか支払いができない場所でも安心して持ち歩くことができます。

小銭入れはありませんが、どうしても小銭を入れたい人はアルミケース以外のカードポケットに入れましょう。

多少でしたら収納することができますので、本当に必要な枚数のみ入れましょう。(入れすぎるとボタンをしめることができなくなります。)

 

オススメの収納方法
支払いをよく使う(クレジット・ポイントカード アルミケースに入れる
使う頻度が少ない(免許証・交通ICカードなど) アルミケース以外に入れる

 

③:素材が良い物を使っている

こちらの財布は、本革を使用していますので丈夫に作られています。

しかも、高級ウクライナ産の本革を使用しているところがポイントです。

柔らかいのに丈夫で、手にフィットする感じが良いです。

使えば使うほど味が出るので今後が楽しみです。

 

革製品はフランスやイタリアが思いつくと思いますが、ウクライナはあまり聞きませんよね。少しマニアックなところが個人的に良いと思いました。(ウクライナは東ヨーロッパです。)

 

コスパ最高

財布が好きな人はお気づきかと思いますが、Rasicalのエアーウォレットってどこかで見たことあると思いませんか??

 

そうです!

オランダのメーカーでSECRIDの財布にそっくりなんです(笑)

(読み方はシークリッドだったりセクリッドだったり、なぜかサイトによって違います。)

 

おそらく、Rasicalはこちらの財布を参考にして作られたんだろうなと思いますね。

↓ SECRIDの財布動画

https://www.youtube.com/watch?v=AoxlFAr1V3I

 

SECRIDは9900円~11000円といった値段で、安くも高くも無いお値段となっています。

じゃあRasicalの値段はいくらなのか?

 

税込みで6090円とリーズナブルでした。

SECRIDと比べて約3~4割安くて機能が同じなので、かなりお買い得だと思います。

しかも合成皮革ではなく、本革ですからね。

 

ラシカル エアーウォレット スキミング防止(RASICAL RFID スマート コンパクト スリム カードケース 本革)【送料無料 在庫有り】【あす楽】

※クリックすると各公式HPに移動します。

 

こういう財布を使ってみたいという人には、試しやすい価格だと思いますのでキャッシュレス化したい人は検討してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

Rasicalってどんな会社?

Rasicalってどんな会社なんだ?怪しくないのか??

こういった事を疑問に思うかもしれません。

 

結論を言うと、怪しくありませんし大丈夫です。

 

2017年に設立された比較的新しい日本の京都にある会社です。

公式サイトRasicalはこちらからご確認いただけます。

 

もともとは車のカーラッピングの事業をしていたのですが、ラシカル代表である真田さんという方が海外へ仕事をしに行く事が多かった為、荷物の持ち運びが不便だったことがきっかけです。

荷物を減らす → 少なく持ち運びたい → 自分の理想や欲しいものが存在しない → なら自分の理想の物を作ろう

 

ラシカルで大人気のトートバッグとリュックです。

画像引用:Rasical公式HPより

京都高度技術研究所とパートナー契約をし、財布やバックパックを試行錯誤を繰り返し製作し自分の欲しかったコンセプトの製品を作り上げることに成功します。

後に雑誌やテレビなどで紹介され、クラウドファンディングを実施して様々な製品を展開しています。

これがラシカルの誕生から現在のお話です。

 

財布のメリット

では財布に話を戻しましょう。

こちらの財布のメリットを紹介させていただくと、以下の点があげられます。

  • 持ち物が少なくなる
  • 荷物の邪魔にならない
  • キャッシュレス

 

持ち物が少なくなる

キャッシュレスに適した財布ですので、カードと現金を最低限にすることができるので持ち物がすくなくなります。

私の場合ポイントカードを持ち歩いていたのですが、スマホのアプリに入れることができるものは全てそちらに入れて、ポイントカードを持たないようにしました。

荷物の邪魔にならない

カードケースサイズの大きさですので、手のひらに収まるのが魅力的です。

ちょっとした外出にも苦じゃないですし、ポケットにすぐ入れられるのが快適です。

キャッシュレス

キャッシュレスにする方がお得です。

現金だと還元が無いので1番損な支払いをしていることになります。

また、お金の受け渡しが減るので人との接触を避けることができます。

神経質な人ほど、キャッシュレスにした方が個人的に良いと思います。

 

デメリット

次にデメリットを言うとこんな感じです。

  • 現金を入れるには向いていない
  • レシートを入れられない

 

現金を入れるには向いていない

カードをメインに入れるデザインになっているので、現金は紙幣を入れる部分しかないですし、小銭入れが無いです。

カードポケットに数枚であれば小銭は入れることができますが、基本的には小銭の収納はあまり使えないと思った方が良いでしょう。

 

シートを入れられない

買い物をするとレシートを貰いますが、入れる場所がありません。

これに関しては以下の方法にするしかないと思います。

  • カバンやポケットに入れる
  • レシートを写真に撮る
  • レシートをもらわない

あとは、レシートを増やさないように買い物は必要最低限にするのが良いですね。

 

今日からキャッシュレス始めよう

以上がRasicalのエアーウォレットの紹介でした。

 

オシャレにスマートな財布を使ってみたいという人は試してみるのも良いと思います。

ラシカル エアーウォレット スキミング防止(RASICAL RFID スマート コンパクト スリム カードケース 本革)【送料無料 在庫有り】【あす楽】

※クリックすると各公式HPに移動します。

サイトによってポイント還元が違うので自分にあったHPにいきましょう。

 

 

Rasicalではトートバッグやバックパック(リュックサック)も取り扱っているので、もっと他の製品を見たいという方は公式HPもご覧ください。

 

 

今回は以上です!

 

他の記事でabrAsus(アブラサス)という財布の記事も書いています。そちらも合わせてお読みください。

関連記事【abrAsus】ホストの帝王ROLANDモデルの薄い財布!使い勝手抜群!

続きを見る

スポンサーリンク

-Item
-, , ,

© 2020 Hamui Blog Powered by AFFINGER5