ライフスタイル

イオン(トップバリュ)のダウンジャケットのフィルパワーは○○【コスパ良い】

そろそろ寒くなってきたしダウンジャケットを買おうと思っていて、イオンにちょうど良いのがあったから買ったみた。

ダウンジャケットを買う決め手として【安い】【ポケッタブル】【洗える】【撥水】という自分の条件を全部満たしていたのが、イオンのダウンジャケット。

ということでさっそくレビューをしようと思う。

コスパの良いダウンジャケットを探している人は参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

イオン(トップバリュ)軽量ダウンスタンド衿ブルゾン

イオンの商品名の正式名称はダウンブルゾンとなっている。ここからは省略して「ダウン」と呼ぶようにします。

スペックは以下の通り。

原産国 ミャンマー
素材 表地 裏地ナイロン100%
ダウン85%
フェザー15%
洗濯方法 ドライ・手洗い
サイズ展開 M、L、XL、2XL
カラー クロ、ウスクロ、コイアオ、コイミドリ、チャコールグレー
価格 5,368円

2022年の商品モデルです。

シンプルなデザインでいろんな服にも合わせやすい。

付属している収納袋に入れれば持ち運びが簡単にできるので、カバンに入れおいて必要なときに着れるのが魅力的なポイント。

価格もリーズナブルなので買いやすい。

イオンのHPはこちら

ファスナーはYKK

ダウンに使われてるジッパーはYKKのファスナーなので、開閉が滑らかになっている。

細かいことかもしれないけど、YKKのファスナーを使用しているものはストレスなく開閉ができるので好き。

ポケット部分

表には左右にポケットがある。ファスナー式なので持ち物落下を防止できる。

裏側にも左右にポケットがあるので収納力は良い。

着用イメージ

実際に着てみるとこんな感じ。

着てみてはじめに思ったのが「めっちゃ軽い!」

優しく包まれる感じで、着ていて不快感はなかった。

 

後ろはこんな感じになっている。

横はこんな感じで、腕はストレス無く動かせられる。

全体的に身軽に動けるのは軽量ダウンの良いところ。

もっとカジュアルに着たいなら前を開けてみるのもおすすめ。

シンプルなデザインだからこそ服に合わせやすいし、カッコいい。

スポンサーリンク

折りたたんで小さくしてみる

実際にダウンをコンパクトに折りたたんで収納してみようと思う。

まずダウンを裏に向けて半分に折りたたむ。

反対側も同じように折りたたむ。

クルクルと巻いていって筒状にする。

これで付属している袋に収納することが可能。

たたみ方は我流なので正解ではないので、自身のやりやすい方法で試してみてください(笑)。

長さは約30cmといったところかな。

思っていたよりも袋が大きめだったので、少し大きく感じてしまうかもしれない。

厚さは約11cm。

もともと膨らむ服なのでこれくらいは許容範囲かなと思う。

もう少し小さい袋を用意すれば、よりコンパクトに持ち運べるかもしれない。

まぁでも持ち運ぶにはそこまで苦にはならない感じかな。

フィルパワーとは?

ダウンを買うときに目安にしているのがフィルパワー。

このフィルパワーというのは、ダウンが持つ「かさ高さ」を数値に表したもので、数値が高いほど高品質とされている。

そして、フィルパワーが高いほどそのダウンジャケットは暖かい。

一般的には600以上のフィルパワーがあれば十分で、700フィルパワー以上あれば品質が良いダウンとなる。

使用用途の目安は以下の通り。

フィルパワー 品質 用途
700〜1000 高品質 山岳、キャンプ、海
600〜700 スタンダード、良質 日常、シティユース
600以下 あまり良くない 買う意味がない

物によってフィルパワーは違うので、あくまで目安です。

 

ほとんどの商品のタグにフィルパワーが記されているんだけど、なぜかイオンのダウンにはフィルパワーの記載が無い・・・。

でも、安心してほしい。

電話をしてフィルパワーの数値がわかったのでちゃんと伝えます。

イオン(トップバリュ)のダウンのフィルパワー

まず、イオンのフィルパワーを聞くのに相当時間がかかったので、その一部始終を見てほしい(笑)。

 

イオンに問い合わせをしたところ「すぐにわかりません。折返し担当の者から電話をします。」とのこと。

2時間くらい待って電話がかかってきて応答すると「申し訳ございません。本日中にお答えすることができないので、その旨をお伝えさせていただきました。」と言われた。

心のなかで「マジすか。フィルパワーがすぐわからないのか。」と思いつつも、別に急いでないし、そんなことで怒る理由もないので気長に待つことにした。

 

そして翌日になって電話がかかってきた。

 

「大変お待たせいたしました。ダウンのフィルパワーですが、670前後の数値でございます。」と回答をいただけた。

 

結論、イオンのダウンのフィルパワーは670ということがわかった!

めちゃくちゃ調べてくれてありがとう。でも次からはタグ等にフィルパワーの記載をして欲しいと思った(笑)。

670なので日常使いには十分だし、結果的に購入をすることに決定。

ユニクロ、無印良品よりイオンを選んだ理由

ここで思うのが、ほぼ同じ価格帯のユニクロのウルトラライトダウン、無印良品のダウンジャケットをなぜ選ばなかったのかというのもお伝えしようと思う。

表を見たほうが早いと思うのでまとめてみました、

イオン ユニクロ 無印良品
素材 表地/裏地 ナイロン
ダウン85%
フェザー15%
表地/裏地 ナイロン
ダウン90%
フェザー10%
表地/裏地 ナイロン
ダウン90%
フェザー10%
フィルパワー 670 640(2022年以前のモデル)
750(2022年モデル)
750
価格(通常価格) 5,368円 5,990〜6,990円 5,990円

2022年の価格で税込の値段です。

暖かさはユニクロや無印良品のほうがある。

でも、僕がどちらも選ばなかったの理由はユニクロは他の人とめっちゃかぶるから。

薄いダウン=とりあえずユニクロというイメージがあって、結構着ている人が多いから避けたい。

そして料金も今年から高くなった。

 

無印良品はコンパクト折りたたんでしまうときの収納袋が無い。

裏地に収納ポケットが付いていて、服を裏返してきちんとたたまないといけないので、手間がかかるから選択肢から外した。

 

だから1番値段が安く、日常でも問題ないフィルパワーの暖かさがあるイオンのダウンを選んだというわけ。

単純に暖かさだけで選ぶならユニクロか無印良品でも良いと思う。コスパを選ぶならイオンのダウンかな。

コスパ重視ならイオンのダウンはアリ

ということで、イオンのダウンを紹介させていただきました。

日常使いでは問題無く暖かいので、ダウンを買うときの選択肢に入れても良い。

  • 価格が安い
  • ポケッタブル
  • 日常使いでは十分に暖かい

こんなダウンを求めている人は参考にしてみて下さい。

イオンのHPはこちら

スポンサーリンク

-ライフスタイル
-, , , , , ,

© 2022 Hamui Blog -ハムイのブログ- Powered by AFFINGER5