ライフスタイル

携帯料金プランはどれを選ぶ?【ahamo/LINEMO/povo/楽天】

ahamo、LINEMO、povo、楽天、各社が提供している料金プランはどれが良いのか迷ってしまいますよね。

これだけ値段が似たりよったりだと余計に迷う・・・。

今回はどのキャリアが自分に合っているのかを解決する記事を書きましたので、参考にしてください。

ハムイ

【記事を書いた人】

Hamui(ハムイ)です。

ライフ、アイテムレビュー、考え方情報を発信しています。

各メディアでの情報発信はこちら

スポンサーリンク

【結論】基本的に各キャリアどこでもOK!

先に結論を言うと、各キャリアは大差がほとんどないのでどこでも良いです。料金もほとんど変わりませんし誤差の範囲です。

そんなテキトーなこと言わないでほしいわ!

確かに「どこでもいい」って言われると不安ですし、この記事を書く意味も無くなりますよね(笑)。

 

今回の重要なポイントは【どのキャリアを使うか】ではなく【どのキャリアに乗り換えるか】というところです。

 

あなたが使っている携帯料金が従来の月額6000円〜7000円なら、乗り換えないと高い料金を払い続けることになります。

ahamo、LINEMO、povo、楽天のいずれかに乗り換えることで3,000円前後で抑えることができるので非常に安くなります。

各キャリア料金プラン比較

各キャリアの料金プランを簡単に比較すると以下の通りです。

※横にスクロールすることができます。

ahamo(ドコモ) LINEMO(ソフトバンク) povo(au) 楽天
〜1GB - - - 0円
1〜3GB - 900円
(税込990円)
355円
(税込390円)
7日間
980円
(税込1078円)
3〜20GB 2700円
(税込2970円)
2480円
(税込2728円)
2455円
(税込2700円)
30日間
1980円
(税込2178円)
20GB〜 - - - 2980円
(税込3278円)
通話料金
5分通話無料プラン
月額料金に含まれている 500円
(税込550円)
500円
(税込550円)
無制限
(楽天LINKアプリ使用時)
eSIM 対応 対応 対応 対応
回線エリア 広い 広い 広い 普通
5G 対応 対応 対応 対応
店舗契約 不可 不可 不可 可能

各キャリアの料金プランは、ほぼ一緒なので覚えやすくなっています。

だからこそ、どのキャリアに乗り換えるのか迷ってしまいますよね。

迷ったらとりあえずahamoが無難

ahamo

迷ったらドコモが提供しているahamoを使うのが無難です。

ahamoは料金プランがひとつだけでシンプルなのがわかりやすいです。

5分以内の通話無料も月額料金に含まれて税込2980円なので、日常使いには何の問題もありません。

特に目立ったデメリットは無いのですが、実際に使っていて不便に感じたのはdアカウントのログイン時が面倒です。

僕だけかもしれませんが、スマホだとログインができるのにパソコンからしようとすると何故か失敗します。

その他の特徴や注意点は以下のとおり。

ココがポイント

  • ドコモ回線を割安で使用できる
  • 5分通話無料が料金に含まれている
  • 82カ国で追加料金無しで海外ローミング使用可能

ココに注意

  • キャリアメールは使えない
  • 家族割引、ドコモ光割引対象外

ahamoの詳細はこちらからご確認いただけます。

ahamo公式HP

 

LINEをメインに使っているならLINEMO

LINEMO

LINEを頻繁に使うならソフトバンクが提供するLINEMOです。

特に若い方、学生の方はLINEをよく使っているのでオススメですね。

LINEMOの特徴はやっぱりLINEのデータ通信はノーカウントということです。

メッセージ、通話、ビデオ通話が使い放題なので、全部LINEで完結させれば5分かけ放題プランをつける必要がなく料金を抑えることができます。

3GBのプランなら税込990円ですので、かなり安くなりますね。

ココがポイント

  • LINEで使うデータ通信はカウントフリー
  • ソフトバンクと同等の通信速度
  • 世界基準の周波数で海外製のスマホにも強い

ココに注意

  • キャリアメールは使えない
  • 端末と同時購入はできない
  • 家族割は適応されない

自分で料金をカスタマイズできるpovo

auが提供するサービスで、自分にあった料金プランをトッピングするのが特徴です。

そして他社には無い60GB、150GBのプランも用意されています。

60GBや150GBは一見高額に感じますが、それぞれ90日間、180日間で長期間使えます。

実は20GBの30日間2,700円と比べると、60GBや150GBの方が金額的にはお得になります。

データ通信 料金/日にち 1ヶ月あたり
20GB 税込2,700円
(30日)
-
60GB 税込6,490円
(90日)
約2,163円
150GB 税込12,980円
(180日)
約2,163円

使い方次第で安くてお得ですが、逆に使わないと損をする可能性があるので玄人向けといった感じです。

20GB以上は日常使いだと使わないことがほとんどですので、povoを使うなら20GBプランから始めるのがオススメです。

ココがポイント

  • データ通信料金を状況に合わせて自分でトッピングできる
  • au回線なので通信が早くて安定している

ココに注意

  • キャリアメールは使えない
  • 使い方次第で料金が高くなる場合もある
  • 通信規格が独特で使えないスマホがある

0円で運用も可能!楽天モバイル

楽天モバイルは使い方しだいで0円(無料)で使えるところがすごいです。

1回線目のみ1GBまでのデータ通信なら料金が発生しませんし、通話専用アプリの楽天LINKを使えば、ほぼ全ての通話料金がかかりません。

楽天回線エリアであれば速度も非常に早く、無制限でつかるので最高です。

ただ、楽天回線エリア以外や地下といったところでは、回線が微妙なのがデメリットです。

ココがポイント

  • 無料で通話し放題
  • データ通信無制限
  • 1GBまでなら0円
  • 楽天経済圏でお得に使える
  • 住んでいる場所が楽天回線エリアなら最強
  • 実店舗があるので何かあった時に頼れる

ココに注意

  • キャリアメールは使えない(今後対応予定)
  • 楽天回線エリアがまだ狭い
  • パートナー回線(au回線は5GBまで)
  • メイン回線としては発展途上という感じ

現状ではメイン回線は厳しいですが、サブの回線としては最高です。

1回線目なら0円で運用ができるので、とりあえず契約しておいて損は無いキャリアです。

詳しくは下記の記事でも解説しています。

楽天モバイルの詳細はこちらからご確認いただけます。

楽天モバイル公式HP

 

スポンサーリンク

僕の使い方は2回線を使っています。

Pixel5

僕が現状使っているのはpovoと楽天モバイルを契約しています。

  • povo 20GBプラン 2700円
  • 楽天モバイル 0円

こんな感じで使っています。

povoはメインで使っていて5分通話プランは付けていません。

通話は楽天モバイルを固定電話代わりに使っているので、実質povoの料金しか払っていません。

povoをずっと使うのであれば60GB以上のプランがお得なのですが、今後他社がお得なプランを出せば乗り換える予定です。

その時になったら払い損になるので、現状維持をしている感じです。

 

各キャリアどこでもOK

以上、各キャリアの特徴を解説させていただきました。

基本ベースは各キャリアは同じなので、乗り換えはどこでもOKです。

簡単にまとめると次のとおりです。

考えるのがめんどくさい
シンプルなのが良い
ahamo
LINEをメインに使う LINEMO
費用を抑えたい 楽天モバイル
通話もネットもそれなりに使いたい povo&楽天モバイル
LINEMO&楽天モバイル

細かいところで決めるしか無いので、自分のライフスタイルにあったキャリアを選ぶのが正解です。

くれぐれも「わからないから動かない」というのは禁物です。

考えれば考えるほど携帯料金は安く使えるので、行動して少しでも費用を抑えるようにしましょう。

 

あわせて読みたい

スマホで家の固定電話代金を0円に!楽天モバイルなら年間支出を減らせる!

楽天モバイル無料
スマホで家の固定電話代金を0円に!楽天モバイルなら年間支出を減らせる!

続きを見る

【ベルロイ】 iPhone case 3 Card すごいスマホケース!【レビュー】

ベルロイのiPhoneケース
【ベルロイ】 iPhone case 3 Card すごいスマホケース!【レビュー】

続きを見る

スポンサーリンク

-ライフスタイル
-, , , , , , , , ,

© 2022 Hamui Blog -ハムイのブログ- Powered by AFFINGER5