ガジェット&小物 テーマパーク

広角レンズでスマホの自撮りが簡単!USJやTDLに必須アイテム

旅行やテーマパークで思い出の写真を残したいけど、もっと背景を広く写せないかな・・・。

 

こんな疑問を解決します。

 

テーマパークに行くと、写真は必ず撮影します。

なんだったら動画も撮影しますよね。

 

でも、ユニバ(USJ)やディズニーランド(TDL)では、自撮り棒やセルカ棒といったアイテムの使用が禁止されています。

 

スマホのインカメラでは自分たちを撮影できるけど、背景までちゃんと写ることは少ないですよね。

僕もユニバに行くので自撮り棒が使えないと、やっぱり困ります。

 

今回はテーマパークで思い出つくりに必須のアイテムをご紹介させていただきます。

 

記事の内容

  • 結論:広角レンズを使う
  • 写真の比較
  • レンズを使う時の注意

 

本題に入る前に、簡単に自己紹介!

 

ハムイ

【筆者はこんな人】

  • テーマパークに関するノウハウを発信
  • ユニバ(USJ)の年間パス歴は6年以上
  • 思い出つくりのお助けをします!
  • twitterYouTubeもやっていますので、ぜひフォローお願いします。

 

では本題に入りましょう。

 

スポンサーリンク

結論:広角レンズを使う

先に結論を言うと、広角レンズが最強です。

 

本当にオススメで自撮り棒無しでも背景がしっかりと写ります。(後で比較写真を載せます)

 

僕が買ったものはこちらです。

 

Luxsureというメーカーのスマホ用広角レンズ。

amazonで1番売れている広角レンズです。

 

おしゃれなケースに入っていて、ケースはハードケースで頑丈になっています。

広角レンズの他に、接写専用のマクロ専用入ってて2個セットです。

 

レンズの重さ自体は52gなので、持ち運びも楽ちんです。

 

レンズのサイズもコンパクトです。

カバンにも入れやすいし、ポケットにもスッと入れることが可能です。

レンズにはカバーも付いています。

 

 

 

iPhone、Android共に装着できます。

 

次に、実際にテーマパークに行った時に比べた写真がありますので参考にしてください。

 

インカメラで広角レンズの検証

参考までに僕が使っている機種を紹介します。

 

使用機種

  • SONY Xperia XZ3
  • インカメラ 有効画素数約1320万画素

 

iPhoneでもAndroidでもインカメラに装着できます。

ご安心ください。

 

【全て同じ条件で撮影をしてみます】

  • 背景
  • 立ち位置
  • カメラを手に持っている距離

 

 

まずは何も付けずに腕を伸ばして、スマホのインカメラで撮影したものです。

自撮りはできます。

しかし画角が狭く、背景も一緒に撮影するとなると合計2人までが限界ですね。

 

次に広角レンズを使って撮影したものです。

めちゃくちゃ広範囲で背景を撮影することができます。

背景はもちろん大丈夫ですし、これだと合計3〜4人まで一緒に写ることができますね。

 

 

あと、レンズとカメラの位置をちゃんと設定しないと、ぼやけたりするので撮影するときは確認しましょう。

 

 

もう1箇所撮影してみました。

 

ユニバの真ん中にあるラグーンという湖です。

レンズを付ける前だと、やはり画角がせまくてラグーンの広さが伝わらない・・・。

 

 

広角レンズを使用するとこんな感じ!

これでラグーンの大きさもわかるし、他の人との写真もバッチリですね。

 

レンズひとつでここまで広くなるのかと、自分でもびっくりしました。

広角レンズを使うことで、家族や恋人と一緒に素敵な背景を写すことも可能です!

 

これはテーマパークに最適のアイテムです!

 

スポンサーリンク

マクロレンズは使い方次第

広角レンズは便利な事がわかりましたが、接写専用のマクロレンズはどうでしょうか?

 

個人的に使う頻度は少ないと思いますが、使い方次第では面白い写真が撮影できるかもしれません。

 

例えばこんな感じです。

 

 

レンズを付けていない状態で撮影しました。

上の写真は接写すると、近づきするのでピントを合わすことができません。

 

 

マクロレンズを付けて撮影しました。

マクロレンズを付けると、ぬいぐるみの細かい繊維まで鮮明に写すことができました!

 

 

植物や動物などを接写する時に使えそうですね。

今のところテーマパークでは使いみちはなさそうかな??

 

レンズの使い方

広角レンズ、マクロレンズ共に付け方は簡単です。

 

実際に付け方を写真で説明します。

 

 

レンズはクリップ形式になっているので、スマホに挟むだけです。

難しいことは一切しません。

 

このように、スマホのインカメラの位置に合わせて挟むだけで使うことができます。

誰でも簡単にできますね!

 

これでテーマパークを含め、旅行では大活躍すること間違いない!

 

フロントカメラには注意

自撮りをする時は、インカメラを使って撮影するので問題はないと思います。

 

スマホの背面のカメラは付けられる物と、そうでない物がありました。

フロントカメラで風景を広く撮りたい人は自分のスマホのカメラの位置をチェックしましょう。

 

僕が持っているスマホは本体の真ん中に位置があります。

 

レンズを付けようとすると・・・。

微妙に届かない・・・。

 

横はどうかな?

って思ったけど、やはり微妙に届きませんでした。

 

 

フロントカメラについては、スマホの上の端にカメラがあるものだと問題なく装着できます。

 

もし、フロントカメラでレンズを使おうとしている人は、カメラの位置に注意しましょう。

写真のスマホはAndroidですが、iPhoneのカメラは上にあるので使えますね。

 

 

最近のスマホのフロントカメラは、元から広角機能が付いているものも出てきています。

フロントカメラに関しては、広角機能が付いていないスマホに重宝しますね。

 

動画で解説

動画バージョンもあるので参考にどうぞ。

 

チャンネル登録をして一緒にテーマパークの楽しさを共有しよう!

 

あとがき

旅行先はもちろん使えますし、自撮り棒が使えないテーマパークでは重宝すると思います。

 

持ち運びも便利なので1個持っておくと、いろんな場面で使うことができます。

 

思い出の1枚を、もっと大きな思い出作りに活用してみませんか?

 

amazonなら現時点で割引クーポンがありますよ。

割引クーポンはいつ終了するかはわかりませんので、ご利用はお早めに。

 

今回の記事の関連するものも紹介させていただきます。

初心者でも本格的な写真が撮れる、テーマパークにオススメのカメラ

テーマパークにおすすめのカメラはRX100M7で決まり【USJ&TDL】

続きを見る

 

ユニバ(USJ)の自撮り棒の禁止事情についてはこちらの記事をお読みください。

2019年11月13日からUSJで自撮り棒が禁止に!三脚も一脚もアウト!【ユニバ】

続きを見る

 

テーマパークに必要な最低限の持ち物も紹介しています。

ユニバに最低限もって行く荷物のはこれだけで良い!【USJの持ち物】

続きを見る

 

こちらの記事が参考になったら、みんなとシェアしてください。

 

素敵なパークライフをお過ごしください。

今回は以上です。

 

スポンサーリンク

-ガジェット&小物, テーマパーク
-, , , , ,

© 2021 Hamu a Good Day Powered by AFFINGER5