ライフスタイル ライフハック

【絶対に払わない】悪質なNHK集金人の対処方法【受信料】

NHKの集金人が怖い。家に来たらどうしよう?

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事では、少しでもNHKの集金人の恐怖から逃れるようにお手伝いさせていただきます。

実際に僕も集金に騙されて、強引に契約させられて悔しい思いをしました。

今後このような被害者が出ないように、少しでも集金人に関する知識をつけて一緒に頑張りましょう。

 

前回の記事では、ヤバすぎるNHKの集金人に関する具体的な内容を書いています。

まだ見ていない人は、まず下記の記事から見て下さい。

 

本記事では次の通りに進めていきますね。

記事の内容

  • 結論
  • 脅迫する集金人
  • 対処方法
  • やってはいけない対処方法
  • NHKを解約する

 

スポンサーリンク

結論:強い意志で断ること

家のインターホンが鳴って、うっかりドアを開けてしまうとNHKの集金人だったという経験があると思います。

集金人は歩合制で契約のノルマがあるので、なんとしてもアナタに契約させようとしてきます。

  • 嘘をついて契約させる
  • 脅迫して契約させる
  • 精神的に疲れさせて契約をさせる

この3つのパターンで契約を迫られます。

集金人と立ち会うと必ず嫌な気分になりますので、そこは覚えておいてください。

 

集金人の対処法の結論は、なにがなんでも「払わない」という強い意志を貫くことです。

受信契約をしなかったり、契約をして受信料を払わなかったりしても罰則はありません。

集金人は本当に、平気でアナタを騙してくるので惑わされないように気をつけて下さい。

具体的に集金人がどのように悪質な行為をしてくるのか、次で説明します。

平気で脅迫&悪質なことをする集金人

何がなんでも契約させてやるという、質の悪い集金人が多いです。

  • NHKの事をよく知らない一般人
  • まだ世の中を知らない学生(一人暮らしの大学生など)
  • 抵抗力の無い年配のかた
  • 一人暮らしの女性

上記のような人だとわかったら、NHKの集金人は容赦なく襲ってきます。

理由は、そういう人たちだと契約&受信料を徴収しやすいからです。

 

ターゲットを決めた集金人はこんな事を平気でしてきます。(実話)

  • 「法律で決まっている」など、ウソの内容を強調する
  • インターホンをずっと鳴らし続ける
  • ワザと大きな声で呼びかけてくる(近所にお構いなし)
  • ドアを叩いたり、蹴ったりする
  • 家の物を破壊する
  • 脅迫や暴力を振るう
  • 女性に強姦(レ◯プ)

言い出すときりがないです。

全て、NHK集金人による被害者の実話&実体験です。

僕の場合は何回もドア思い切り叩かれて、インターホンを鳴らし続けられました。

もちろん報道はされません。ここが日本の闇です。

明らかにヤバい人たちなのが伝わったと思います。

スポンサーリンク

集金人の対処法は4つ

集金人が来てしまったら対処方法は4つであります。

あくまで目安なので、絶対的な正解ではないですが効果的なものばかりです。

自分にあった方法を参考にしてください。

ポイント

  1. 録画または録音しながら、強く断る
  2. 刑法の「不退去罪」を使って警察に言う
  3. NHK撃退シールを使う
  4. 代理人に頼む

順に解説します。

対処方法① 録画または録音をして強く断る

自分が気の強い方であれば、追い払うことが可能です。

まず証拠となる録画、録音を必ず準備してから対応して下さい。

100%NHKの集金人は撮影される事を嫌います。

これは自分たちのやっていることが悪いことが悪いと、自覚があるので撮影されるとマズイからです。

 

集金人は粘り強く、あなたに契約を迫ってきますので「契約しません」「払いません」を貫き通します。

ここで、集金人がおとなしく帰れば良いです。

帰り際に「二度と来ないで下さい。端末に登録しておいて下さい」と伝えましょう。

 

集金人はナビタン(ナビ端)という機械を持っていて、それには住居情報が入っています。

「契約済」「未契約」「契約不可」の情報を元にやってきます。

また集金人が来ても「契約不可」に登録してもらうよう、強めに言っておきましょう。

対処方法② 不退去罪を使って警察に連絡

集金人が来て、うっかり対応してしまった場合に効果的です。

すぐに集金人に「帰って下さい」と伝えます。

もし、言ったにもかかわらず、すぐに帰らない場合は刑法第130条の不退去罪になります。

第百三十条 正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

引用元:刑法第130条

要は「帰って」と伝えたのに帰らないと犯罪になるのです。

そして、すぐに警察に連絡をしましょう。犯罪行為をしているので遠慮はいりません。

どんな時でも録画&録音は必ずしておいてください。

対処方法③ NHK撃退シールを貼っておく

1番簡単なのがNHK撃退シールをドアのところに貼っておくことです。

上が旧シール、下が新シール。

※現在は政党名が変わり「NHK受信料を支払わない方法を教える党」になっています。

 

新しい場所に引っ越したら2ヶ月〜半年ぐらいで集金人が来ます。(あらゆる連絡網を持っているので、引っ越したのがバレています。)

僕は新しく引っ越した時に、すぐドアに貼ってみると約1年間も集金人が来ることはありませんでした。

効果はあります。

シール(ステッカー)の入手方法は『NHK受信料を支払わない方法を教える党』のホームページで必要項目を入力するだけで、申込可能です。

シール申込みはこちらからどうぞ。

対処方法④ 代理人に頼む

先程の集金人撃退シールを見ても、訪問してくる集金人がいます。

  • 自分で対応できない
  • 警察を呼ぶのは抵抗がある

こういった人たちは『NHK受信料を支払わない方法を教える党』の方たちが、アナタの代わりになって対応してくれます。

集金人が来たら、どれでも良いのでシールの電話番号にかけるか、『NHK受信料を支払わない方法を教える党』のコールセンターに電話をしましょう。

アナタの助けになってくれます

集金人にやってはいけない対処方法

対処にもいろいろありますが、なかにはやっていけない対処もあります。

  • 「テレビは無い」という
  • 居留守

「テレビは無い」という

本当にテレビを持っていなければ、もちろん言っても大丈夫です。

持っているのに「無い」と言ってしまうと、こちらが詐欺罪になる可能性がでてきます。

「NHKを目的で置いていない」「払わない」などの意思を強く伝えるほうが良いです。

居留守を使う

居留守はやめましょう。やるだけ無駄です。

対応するまで集金人のデータに未契約のデータ履歴が残っているので、日を改めて何回も来てしまいます。

なので、先程お伝えした対処方法の①〜④を行うようにしましょう。

NHKを解約する

これは僕の実体験の話です。

騙されて契約されたことをきっかけに、テレビが大嫌いになりました。

契約をしてしまってNHKを解約したい場合は、まずテレビを家から無くさないといけない。

  • テレビを売る
  • 実家などにテレビを送る

テレビを売る場合は、お店で売却した証明が必要になります。

当時の僕は一人暮らしだったので、実家にテレビを送ることにしました。

 

NHKを解約するためには『NHKふれあいセンター』の受信料に関するお問い合わせに連絡しないといけないのです。

このふれあいセンターが曲者で、なかなか繋がりません。数十分待つことは当たり前です。

 

コールセンターに繋がると「受信料を解約したい」と伝えます。

  • テレビはあるか?
  • テレビをどうしたのか?
  • スマートホンや携帯電話などの受信機はあるか?
  • カーナビはあるか?
  • レコーダーで受信機能があるものはもっているか?

僕は実家にテレビを送って、現状テレビは無い状態。ウソを言っていないので「何も無いです」と伝えました。

テレビを実家に送った場合は、実家の住所や世帯主など内容も細かく聞いてきます。

 

すると数日後に解約届が入った封筒が届くので、必要事項を書き込んで返送します。

電話以外はスムーズに行うことができます。

ウソは言わないことだけ覚えておきましょう。

NHKをぶっ壊す:立花孝志

僕は立花孝志さんの事は、政界に出馬する前の『ひとり放送局』時代から知っています。

まだまだ、NHKや集金人のことに対して知識が無い人たちが多いです。

 

被害が多くならないように、『NHKをぶっ壊す』という本は一読の価値があります。

本の裏表紙にはコピーして使えるNHK撃退シールの原本も付いているので、お得な本になっていますよ。

アナタも知識を付けて、騙されないようにしましょう!

 

スポンサーリンク

-ライフスタイル, ライフハック
-, , , ,

© 2021 Hamu a Good Day Powered by AFFINGER5