Column Life

受信料契約をしに来るNHK集金人はヤバイ。~超基礎知識編~

こんにちは。ハムイです。

NHKの集金人で困ったことありませんか?

 

実は、私もNHK集金人に騙された事があります。見てもいないのにです。

集金人はありとあらゆる手口を使って無理やり契約をさせてきます。

 

 

かなりムカついて結構勉強をしたのでNHK集金人に対する基礎知識を今回は簡単に箇条書き程度に書いていきます。少しでも皆様がNHK集金人で困らないようになればと思います。

 

主にNHKとは、職員の年収、集金人の正体、などをこれから一緒に見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

【そもそもNHKは国営ではない】

はい、そうなんです。国営放送と思っている方も多いんですが違います。税金で運営している放送局ではないからです。皆さんが契約して払っている受信料で運営されているものです。

 

NHK職員の年収と放送センター建て替えの費用

そして受信料は現時点で1か月1310円となっております。年間で言うと13990円(支払方法によって若干変わります。)

 

この受信料が使われている先が職員の給料だったり建物の費用だったりです。

では職員の給料はいくらなのか?

 

ズバリNHK職員の平均年収は約1600~1800万円とのことです。1か月だと約150万円・・・。

 

これを聞いて個人的に「は?」と思ってしまいました。なぜなら、これも徴収した受信料から給料が支払われているからです。

 

そして2020年に渋谷の放送センターを建て替えることを予定しており、この金額がすさまじいことを知っていますか?

 

 

総額なんと約3400億円!

 

 

 

ありえないですよね?もちろんこれも徴収した受信料からです。私の地元の放送局も建て替えの準備をしているところです。

 

その受信料はどうやって皆さんから徴収しているのか、次に書いていきます。

【なぜ急に家に訪問してくるのか?】

 

新しく賃貸や持ち家に住み始めて間もないころ、突然家のインターホンが鳴ります。「NHKです、受信料のことで来ました。」と言ってくる。あなたの家に必ず来ます。

 

 

なぜ、集金人が家に来てしまうのか

 

 

なんで引っ越してから、すぐ集金人が来るのか不思議に思ったことがありませんか?

 

それはNHKがどこにでも手を回しています。詳しく説明すると、あなたが引越しをする時に不動産、引っ越し業者、役所、家電屋さんなど、これらを必ず利用しますよね。

 

 

その時に、ここの家に○○日から住み始めましたという情報が行くようになっています。かなり恐ろしいですよね。

(個人情報もあるので、名前はNHKにはいっていないようです。あくまで、ここの場所に住み始めましたという情報が行くみたいです。)

例えば

郵便局で住所変更をするときに窓口でこんなものが置いてます。

住所変更届と郵便局が組んでいることもあります。

 

 

開いてみるとこんな感じです。

一見、普通の住所変更では??と思うかもしれませんが、カラクリがあります。

 

 

 

それがこちらです。

実は、2枚目が複写式になってるんです。

 

 

普通、気が付かないですよね?

 

つまり1枚目が郵便局用に提出する書類、2枚目がNHKに行く書類となっていて、何も知らずに書いてしまうと、自動的に情報が行くようになっている例もあります。

 

めっちゃ怖いやん(; ・`д・´)

 

 

 

スポンサーリンク

【集金人はNHKの職員ではない】

 

え?!違うの??って思いますよね? そうです。違います。

 

実は家に訪問し受信料を契約しに来る集金人はNHKの職員ではありません。受信料契約の委託業務を他の会社にお願いします。下請け会社ってことですね。

 

訪問時に「NHKです。」と言ってくるが実際には、純粋なNHKの職員ではないということです。

 

そもそも集金人が来ることがおかしい

はい、そうなんです。集金人が来ることがおかしいんです。

 

NHKの規約第3条でも、協会(NHK)に遅滞なく契約書を提出しないといけないと書いています。詳しくは省きますが、集金人による契約はどこにも書いていません。

 

これは予想ですが、トラブルがあったときにNHKは下請け会社に対して、「何も知りません。」という逃げ道を作っているからかもしれない。

 

 

家に来る集金人は嘘をついて契約させる(解説

 

ここが許せません。集金人の事を知らない人達はもちろん契約させられるし、特に新生活をする学生は、高確率で契約させられるのだ。

 

具体例と解説を書いていきます。

【その1】

テレビがあると契約しないといけないんです。法律で決まってます。」

「スマホやカーナビも持っていると契約しないといけないんです。」

嘘です。放送法64条に書いてますが、「協会の放送を目的としない限りではこの限りではない。」つまりNHKを見ないのであれば契約しなくてもいいという事です。(細かく言うと契約は義務だが、支払いは義務ではない。)

 

【その2】

「こちらの家からテレビの電波を受信しまして、お宅を訪問させて頂きました。」

嘘です。そんなことしたら犯罪です。

 

 

集金人はナビタン(リモコンのような見た目)という小さな機械を持ち歩いています。

 

そのナビタンという機械には、こちらの名前は入っていませんが、住居情報が登録されています。その情報を元に家に訪問してくるのです。

電波を受信する機能はありません。

 

【その3】

「支払いは銀行口座から引き落としか、クレジットカードのどちらかになります。」

嘘です。もう一つのコンビニ支払いができるにも関わらず、ワザと案内していない確率が高いです。

 

理由はコンビニ支払いだと、うっかり契約してしまっても不払いにできるからです。それでは集金人にとっては都合が悪いんです。(こっちからしたら良い方法です。)

 

【その4】

「払わないと法律違反になります。」

これも嘘です。契約せずに、払っていなくても何の罰則もありません。

なので、受信料を払っていなくても逮捕される事はありません。

 

 

【なぜ嘘をついてまで契約を迫るのか】

 

ほんまに、めっちゃ嘘をついて誰にでも契約させようとしてきます。

 

なんでそこまで嘘をついて契約を迫るのかというと、集金人というのは歩合制です、つまり契約できた数だけ報酬がもらえる仕組みになっているので必死で契約を求めてくるのです。

 

やり方が悪質なパターンも

言葉巧みに契約させる人もいれば、悪質な集金人もいます。いろいろとパターンがあるので、その例を書いていきます。

 

悪質パターンその①

 

結婚していて昼間、旦那がいない時間を狙って妻の時に契約。

やはり女性の方が、か弱いイメージがあるのかこういうパターンが多いです。圧力を掛ければ女性は抵抗できないと思っているため、強引にしてくるパターンもあります。

 

 

悪質パターンその②

 

ワザと遅い時間に訪問して、こちらの判断が鈍いときに来る

 

夜の8~10時とかに来るパターンも多い。

ていうか非常識。仕事で疲れている時にまともな判断はできません。

対応にめんどくさいと感じてしまい、契約してしまうパターンもあります。気を付けてください。

 

悪質パターンその③

 

家の前で待ち伏せしている時がある

怖すぎやろ。マジであるパターンです。

つまり、日頃、あなたの事を調べていて帰ってくる時間を把握し、待ち伏せして契約させるというパターンがあります。

これヤバイ。

 

まだ、ありますが大きく言ってこんな感じです。ちょっと何しているか意味が分からない(; ・`д・´)

 

 

最後に】

今回書いたのは本当に一部で、書きだすとキリないですが、集金人でわからない、困っている人が多いと思いますので少しでも情報提供できたらと思い書きました。

 

私も過去に騙されて契約させられたので、納得ができなかったので勉強しました。無知というのは怖いですね。

 

当時はテレビを手放して「解約する!」と言って行動しましたけど、テレビは持っている人が多いですし、わからない人多いと思います。

 

ていうか、スクランブル放送(見たい人だけ放送する)をすればいいのに、なんでしない??電波の押し売りですよね。

 

次回は、集金人が来た時の対策を書いていきます。微力ながら情報提供しますので、よろしくお願いします。

しつこいNHK集金人撃退!対処方法~簡単にまとめ~

(※書きました!リンク貼っておきますので見てください。こちらからどうぞ。

 

次回のブログでお会いしましょう。

ほな、またね( ´Д`)ノ~バイバイ

 

あ!あとこの本を読むとすごく勉強になります。立花孝志さんが集金人の対策や組織がやってきたことが書かれているので。まず読んでおいて損は無い1冊です。

スポンサーリンク

-Column, Life
-, , , , , , , ,

© 2020 Hamui Blog Powered by AFFINGER5