Column Hotel

ビジネスパーソンにオススメ!ホテルの料金を安くする方法~元ホテルマンが教える交渉術~

こんにちはハムイです。

ビジネスで出張、家族で旅行、終電逃して仕方なくなど、ホテルを利用する人は多いと思います。そういう時に少しでもホテルを安く泊まりたいという方に教えます。

 

ホテルは値段交渉が可能な場所です。もちろんハイクラスのホテルの様に全てのホテルが可能ではありませんが、案外交渉できたります。

元ホテルマンの知識を活かしてお教えします。

 

スポンサーリンク

【予約する方法は様々】

これはどういう事かと言うと、ホテルにはいろんな方法で予約できます。

 

■インターネット■

現在ではこの予約方法が1番多いでしょう。スマホの普及により以前よりも簡単に予約できるようになりました。

 

■電話■

早く予約したいという方はこちらの手段を取る方が多いです。従業員に直接聞けるのでわからないことがすぐに聞けます

 

■旅行会社■

旅行と宿泊が一緒になった物。リーズナブルな値段で、特に遠方に行く方は利用すると思います。

 

■メールやFAX■

上記と比べると利用率は結構低いですが、無くもないという現状です。

 

■直接ホテルのフロントに行く■

実際にそこのホテルに行って、「ここに泊まりたいから部屋を押さえといて。」などと言われるケースです。

この様にホテルを予約するには様々な方法があるのです。

しかし、予約方法だけで実は値段が変わってくる場合もあります。次はそちらの紹介をしようと思います。

 

 

【予約方法で値段は変わってくる】

実はどの方法で予約するのかによって、値段は変わってきます。

 

現時点で無難に安いのはインターネット予約です。

 

例えば国内予約数が非常に多いじゃらん楽天トラベルはインターネットで予約する時に、比較的に安くてお得になっています。

 

同じインターネットでもホテルの公式ページから予約すると同等クラスの部屋なのに値段が違うという場合もあります。

 

スポンサーリンク

電話予約や直接ホテルで予約だと高い

予約で高い料金なのが電話予約と直接ホテルでの予約です。この予約方法ですと、そのホテルの正規の値段に案内されることになります。

【例】

■インターネット■ 素泊まりプラン8,000円

■電話&直接予約■ 素泊まりプラン10,000円

それは何故かと言うと、理由は2つあります。

 

理由その①

インターネットやスマホの普及です。そちらの方が集客率が高く、少し安めにして稼働率を上げた方が売り上げは良いんです。

 

現代社会では電話をする機会が結構減りました。

インターネットが苦手いう方やご年配の方はこちらの方法で予約させる方が多いです。

 

理由その②

じゃらん楽天トラベルなどはホテルと「このようなプランでこの値段で出します」という契約を結んでいるからです。

そして、その契約している企業のHPを通して予約することによりプランが成立する仕組みです。

 

これにより電話予約、ホテル直接予約はホテル契約先の企業とは無関係のプランなので正規の値段を案内されるということになります。

 

インターネットで見た料金と電話した時の料金が違うのはこんな理由があるのだ。

 

【少しでも安く泊まる方法】

インターネット予約は値段や特典があってお得であるが、単に泊まるだけ良いし少しでも安くとまりたいという方はある方法があります。

 

 

 

 

それは直接ホテルに言う事です。

 

 

 

 

え?そんなことわかってる?しかも、さっき直接ホテルは高い言ってたやんって思いますよね。まぁ、話を聞いてください。

 

ホテルと言うのは部屋が商品です。

 

 

例えば、私たちが普段の買い物をする販売店ですと商品を入荷して仕入れ値という物がありますね。

 

変な話、ホテルは部屋が商品なので仕入れ値は自分たちでほぼ自由に決められます。

 

その値段で従業員の給料や館内維持費などに割り当てられるようになっています。さすがに安すぎると営業できませんので利益がでるあたりまでは安くできます。

 

交渉の時に使う言葉

では実際に安くなる可能性が高い交渉術とはどのような物か。

それは非常にシンプルな物です。

「なんとか安くなりませんか。」という言葉は誰もが使っているだろう。その言葉にひとこと添えるだけです。

 

おそらく、直接フロントに「予約はしていないけど、泊まれますか?」って聞くと正規の値段を言われることが多い。

 

そこで次にこのように言うと割引してくれる可能性があがります。

 

 

 

「インターネットの料金と同じにしてください。それでなんとか安くなりませんか?」

 

たったこれだけです。

 

これを言うだけでホテルは何らかのアクションを起こしてくる確率が高くなります。これによって、電話予約やホテルに直接予約の場合でも安くできるようになります。

 

2泊以上の宿泊したい場合は「連泊したい」「予算はこのくらいで」などを踏まえて伝えると交渉できる確率がアップします。

交渉した結果インターネットの料金よりも安くなったというケースもあります。

 

細かい注意も必要

交渉はあくまでお互いが納得いく内容でないといけません。そういう時にいくつか注意があるのでご紹介します。

 

■ポイントはつかない■

じゃらんや楽天トラベルでは各種ポイントがあります。そのポイントは各旅行サイトで予約した特典での付与となるので、ホテル直接予約では安くなる分ポイントはもらえないことを覚えておきましょう。

 

■旅行会社では基本値下げは無理■

元々、旅行+ホテル+移動手段がセットになっている。セットプラン内容を既に安い料金で出しているので値段の変更が極めて難しい為。というかほぼ無理です。素直に旅行会社のプランに従うのが無難です。

 

■安すぎる料金の強要■

度が過ぎて下手すると強要罪になる可能性もあります。むちゃくちゃ極端ですが「まだ安くない!もっと安くしろよこの野郎!」こんな感じの交渉は絶対にいけません。まぁ普通しませんよね。


 

【さいごに】

いかがでしたでしょうか。交渉は難しいと思われがちですが、いたってシンプルなんです。

 

特に出先でいきなりホテルが必要になったという方でしたら、試してみる価値はあるかと思います。

やはりホテル側も商売なので、お互いがWin-Winの関係になるように心がけて交渉するのが良いでしょう。

 

これからも少しでも役に立つこと書いていきますのでよろしくお願いします。

それではまたお会いしましょう。

 

ほな、またね( *´∀`)ノシ

スポンサーリンク

-Column, Hotel
-, , , , , , , ,

© 2020 Hamui Blog Powered by AFFINGER5