Theme Park Universal City Walk

USJ外にあるコインロッカーはここ!シティウォーク編【UCWのコツ】

こんにちは!テーマパーカーのハムイです!

皆さんユニバ(USJ)行っていますか!?楽しんでいますか!?

 

 

ユニバに初めて行くという人もいると思いますし。遠方からだともっと大変ですよね。ユニバ以外にも観光に行くところがあると思いますので荷物が大変です!

 

 

そこで今回はコインロッカーについての記事を書いていきます。

 

 

キャリーケースを預けたい、遊んでいる途中で荷物を預けたいという方にお教えします。

 

 

こちらの内容はユニバ(USJ)のパーク内のコインロッカー意外の紹介になりますのでご注意ください。パークに隣接しているユニバーサルシティウォーク(UCW)という総合施設に置いてあるコインロッカーの場所の紹介です。

 

 

そして、年間パスを持っていない人はパークの再入場が出来ないので、そちらもご注意ください。

それではいってみよ!

 

スポンサーリンク

【ロッカーの場所数】

※2019年12/30追記有

 

ユニバーサルシティウォーク(以下UCWと表記します。)にあるロッカーは4ヶ所あります。2ヶ所は普通のキータイプのコインロッカーなのですが、他の2ヶ所は少し特殊なので後で説明します。

 

 

コインロッカーは駅を出て左にありますので、まずは左に向かいましょう。

 

ユニバーサルシティ駅のコインロッカー(2020年1月より撤去)

こちらのユニバーサルシティ駅のロッカーは2020年1月13日で完全に撤去されます。

詳しくは下記の関連記事を参考にしてください。また、シティウォークのコインロッカーは引き続き利用できます。(2019年12/30追記)

 

【関連記事】

2020年1月13日でユニバーサルシティ駅のコインロッカーが撤去

 

 

まず近くにあるのが駅を左に出てすぐにあります。ユニバーサルシティウォークを正面にすると左右にそれぞれコインロッカーの場所があります。

こんな感じで「コインロッカー」と表記されていますので、すぐにわかると思います。

反対側もあります。

設備と料金はこんな感じ

  • 両替機がありますのでお札しか無い人も安心です。

 

写真を見てもらうとわかりますが、コインロッカーは上から小、中、大という大きさになっています。

■小のコインロッカーの大きさ■

高さ×幅×奥行→約25cm×35cm×57cm

料金は300円です。

■中のコインロッカーの大きさ■

高さ×幅×奥行→約55cm×35cm×57cm

料金は500円です。

■大のコインロッカーの大きさ■

高さ×幅×奥行→約110cm×35cm×57cm

料金は700円です。

なのでキャリーケースのSサイズぐらいでしたら中のロッカーでも基本入りますし、LLサイズのものでも大のロッカーに入ります。

これだと急にユニバ(USJ)に遊びにきても安心ですね。

(※キャリケースは会社によって各サイズによって若干大きさが違います。)

(※ロッカーの大きさは素人で寸法したのであくまで目安とお考え下さい。)

ロッカーの使い方、支払い方が2種類

 

先程のこちらは駅を出て右にあるロッカーなのですが、こちらは一般的なロッカーで現金を入れてキータイプのロッカーです。

 

反対側のロッカーは電子マネー決済のみ使えるロッカーです。

 

荷物を入れる際に他のロッカーと手順が異なります。

 

荷物をロッカーに入れる → 各ロッカーの右側にロックするレバーを下げる → 液晶ディスプレイで自分のロッカーの場所を確認し、支払いをしてロックされる。

 

 

という手順です。利用明細書が出てきますので、必ず最後までもっておきましょう。

そしてこちらのロッカーのみ、支払い方法が交通系ICカードのみの決済になります。関西でいうところのICOCAですね、関東だとSuica。

  • ICOCA
  • Suica
  • Kitaca
  • PASMO
  • manaca
  • TOICA
  • NIMOCA
  • SUGOCA
  • はやかけん

PiTaPaは使えへんのかい!と思いましたが仕方ないですね(笑)w

 

 

こちらが利用できる交通系ICカード一覧です。利用する際は事前にチャージしておくのがオススメです。

 

最後に荷物を取り出すときは、使用したICカードが必要ですのでご注意ください。

 

 

利用率はどのくらい??

こちらのコインロッカーは駅が近くというのもあって、利用率が高いです。特に土日やハロウィンなどのイベントがあるときには早めに確保しておかないといけません。

 

パークに必要ない物をすぐに判断し、少しでも早めにロッカーを確保することをオススメします。

 

 

【少し変わったシティウォークのコインロッカー】

先程は駅付近のコインロッカーをご紹介しましたが、残り2ヶ所をご紹介します。

 

こちらはUCWにあるロッカーで青色のロッカーが目印です。

 

まず、これがどこにあるのかというと写真をご覧ください。

駅の改札を出でしばらく進むと右手に帽子屋さん「Flaya」というショップが見えてきます。

こちらのショップを180度反対に向くと上記の青いコインロッカーがあります。

 

 

ロッカーの大きさ

 

ロッカーの大きさは大と小の2種類ありまして以下の通りです。

■大のロッカー

高さ×幅×奥行 → 約84cm×36cm×60cm

料金は600円です。

■小のロッカー

高さ×幅×奥行 → 約26cm×35cm×60cm

料金は300円です。

現金のみ利用できます。


もうひとつの場所は、サンマルクカフェの正面に設置してあります。

先程の場所のロッカーと大きさが若干違いますが、あまり気にしなくていい範囲だと思います。

高さ×幅×奥行 → 約27cm×35cm×60cm

こちらには小サイズのロッカーのみになっております。

 

 

利用の仕方が少し特殊

この青いロッカーなのですが、利用する際に必ず必要な物があります。

 

 

電話回線が使用出来る携帯電話またはスマートホンを必ず使用しなければなりません。その理由がこちらです。

 

 

■やり方■

荷物を預ける → ロッカー番号を入力する → 画面に表示されている番号に電話をする → お金を支払う → ロックされる

簡単にいうとこんな感じです。

 

5分以内でしたらロックしたあとでも開けられるので間違って入れた荷物も取り出せることができます。

 

荷物を取り出す時は、自分の預けたロッカーを選んで電話を掛ければ開くようになっています。

 

スポンサーリンク

【さいごに】

以上がUSJ外にあるUCW周辺のコインロッカーの場所でした。シティウォークで買い物した時などには重宝すると思います。

 

 

改めて言いますが、パークに入ってしまうと年間パスを持っていない人は再入場ができませんので、大きな荷物がある場合は初めにいずれかのロッカーに預けておくことをオススメします。

 

 

年間パスを持っていない一般の方でしたら、パーク内のロッカーを使えればベストかもしれませんが繁忙日、繁忙期はすぐに埋まってしまいますので、最初からUCWの方に預けてもいいかもしれません。

 

 

正直、パークの方もUCWの方も全体的に数は少ないと思います。なのでその日の状況を見て判断しましょう( *´艸`)

 

今回は以上です!また次回お会いしましょう★

ほな、またね( ´∀`)ノ~バイバイ

スポンサーリンク

-Theme Park, Universal City Walk
-, , , ,

© 2020 Hamui Blog Powered by AFFINGER5