Life Work

人生で一度は経験をした方が良い仕事とは【結論:人と関わる接客業】

どんな仕事をしておいたほうが将来に役立つかな?自分を成長させたい。

 

 

こんな疑問を解決します。

 

 

アルバイト、就職、転職、いろんな形態で仕事をすることできます。

業種も沢山あって、なにをして良いかわからないですよね。

 

僕は人生で一度は経験したほうが良い仕事があると断言できます。

 

今回は前半でオススメの仕事、後半ではオススメの仕事を紹介しますので最後まで見てくださいね。

 

記事の内容

  • 人生で一度は経験すべき仕事
  • なぜしなければいけない?
  • オススメの業種

 

では本題に入りましょう。

 

スポンサーリンク

人生で一度は経験スべき仕事:結論は接客業

結論を言ってしまうと、人と関わる「販売」「サービス」「営業」といった仕事は人生で1度は経験するべきです。

 

接客業は人に対して仕事をする事ですが、僕はもうひとつの意味があると思っています。

 

それは、接客業=人を知る仕事だと。

 

 

世の中には本当にいろんなタイプの人間がいるので、それを知っているだけでも人生は半分以上も得をします。

 

接客すればするほど人のタイプやパターンがわかってくるので、自分が相手にどう接して良いのかがわかる。

 

つまり、必要な人間関係の作り方を学べるのは接客業が最適になるのです。(しかも学びながら給料ももらえる!)

 

どうして接客業をするのが良いの?

 

理由は大きく言って3つ。

 

  • 良い意味で底辺の人間を知ることができる
  • 正解を探すのではなく、正解の数を増やす
  • 仕事は1人ではできない

 

順番に説明しますね。

 

1:良い意味で底辺の人間を知ることができる

こういう言い方をすると語弊があるように聞こえるかもしれませんが、事実です。

 

接客をしていると、必ず「非常識」「自分勝手」「嫌い」といった人と会うことになります。

 

これは避けては通れない道です。

 

しかし、そういった人を見ることで得られるものがあります。

 

それは、自分自身を強化できるということ。

 

相手を説得しようとしても、底辺の人は99%話を聞きませんし、認めません。

なら、自分自身を変化させた方が早いし、成長ができます。

 

「自分は絶対にこういう人間にはならない」というように、人生の目標を作ることが可能です。

 

2:正解を探すのではなく、正解の数を増やす

人と関わる仕事に正解はありません。

大切なことは正解の数を増やすことです。

 

どういう事かというと、ひとつの答えだけでは絶対に対応できないからです。

 

例えば商品を買った時に以下のパターンを見てみましょう。

【対応】 【相手の反応】
商品を袋に入れた 「助かった。ありがとう。」と喜ばれた
なにも言わずにそのまま立ちさる
「いらない」「余計なことをするな」と言われた
袋はいらないだろうと思ってシールで対応した お礼を言われる or 何も言わずに立ち去る
「袋に入れろ」と言われる

 

たったひとつの行動でも、相手の反応はこんなにあります。

これが正解が無いということです。

 

どんなに自分が良くしようと思っていても、人によっては全く違います。

 

失敗しても大丈夫です。

どんどん接客数をこなし、正解の数を増やすことが大切です。

 

そうすると相手の正解パターンがわかってきますよ。

 

接客でウザい店員にならない方法をこちらの記事で解説していますので、参考にしてみてください。

関連記事【販売員必見】ウザい店員を卒業!やり方ひとつで接客を劇的に変える方法

続きを見る

 

3:仕事はひとりではできない

これは接客業にかぎらず、仕事はひとりだと成り立ちません。

 

直接会ったり、間接的であっても、人がいるからこそ世の中の仕事は成り立っています。

 

だからこそ、どんな人がいるのかを知る必要がありますよね。

 

接客業は色んな人と会うことができるので、豊富な経験ができます。

 

接客業を経験すれば、誰とでも心を通わせることが可能です。

 

 

スポンサーリンク

オススメの接客業を紹介

接客業と言ってもいっぱいあるよなー。どんな職種が良いのかな?

 

確かにそうですよね。

いっぱいあるので、どれが良いのかはわかりません。

 

そこで、オススメの接客業を下記のように紹介させていただきます。

  • 接客業を始めたい人にオススメ
  • 将来ステップアップしたい接客業
  • 特殊な接客業

 

3つの項目をそれぞれ紹介させていただきます。

 

接客業を始めたい人にオススメ3選

まずは接客業を始めたい人に3つのオススメの仕事を選びました。

 

  • スーパーマーケット
  • テーマパーク
  • カフェ(チェーン店)

 

詳しくみていきましょう。

 

1:スーパーマーケット

平日や休日、午前と午後で客層が変わるのが最も勉強しやすい業種です。

 

スーパーマーケットは食品を扱う仕事ですので、お客様は必ず必要なものがあって来店します。

 

仕事の内容も覚えやすいので、初めての接客にはオススメです。

 

メリット

  • お客様との接する時間が長すぎず、短すぎずで接客初心者にはやりやすい
  • 声を掛けられても難しい内容が少ない

 

デメリット

  • 食品の加工や惣菜作りなど、裏方では意味がない。接客面を考えるのであれば売り場に立つほうを選ぼう。
  • 衛生面の都合で身だしなみは厳しい。

 

2:テーマパーク

テーマパークの接客は難しいと思われがちですが、安心して下さい。

 

先輩やトレーナーが、徹底的なサポートをしてくださるので、接客を学ぶには絶好の場所です。

 

警察官を辞めた人が、笑顔を勉強するためにディズニーランドでの仕事を選んだという有名な話もあるくらいです。

 

テーマパークが好き、接客が好きな人はチャレンジしてみましょう、

 

メリット

  • テーマパークで働くと就職、転職で好印象を持たれる
  • 人に対してのもてなし方を徹底的に勉強できる

 

デメリット

  • 近くにテーマパークが無いと働けない
  • 体力、精神力ともに非常に使う

 

3:カフェ(チェーン店)

ドトール、スターバックス、タリーズなどがチェーン店のカフェです。

 

飲食店の中でもカフェは比較的に、初心者にオススメです。

 

注文の受け答えはテーブルまで行かずにレジで可能。

食器の回収などは基本的にお客様のセルフになっているので、目の前のお客様に集中して接客ができます。

 

飲食店では特に笑顔が大切と言われているので、あなたの接客でコーヒーの美味さがダイレクトに変わるのが面白い。

 

そして、カフェには常連の人が来るので楽しい出会いがあるのも良いところ。

 

メリット

  • 常連の人と仲良くなれる。
  • カフェは募集しているところが多い

 

デメリット

  • 飲食店は思わぬハプニングが起こることもしばしば
  • 朝早く出勤もあれば、遅くまで勤務の場合がある

 

将来ステップアップしたい接客業

次は接客業を本格的に経験をしたい人向けです。

 

接客をして自分の将来の為にステップアップできる職業を紹介させていただきます。

 

  • 飲食&販売業
  • ホテルや旅館

 

こちらも詳しく見ていきましょう。

 

1:飲食店や販売店

先程のカフェ以外の飲食店を示しています。

 

飲食店や物販の販売店で接客を経験した後、次の従業員に指導をする立場をめざしましょう。

 

店長、マネージャーといったステップアップが可能で、管轄は地方や全国といった場所で活躍できます。

 

もし、もっと挑戦したいのであれば独立して自分の店を持つことも可能です。

その時は自分の経験した接客を存分に活かすことができるので、最終目標として起業は視野に入れても良いでしょう。

 

現場で接客 → 現場の責任者(店長) → マネージャー、スーパーバイザー → 独立

 

メリット

  • お客様からダイレクトに評価がもらえる
  • 専門分野での技術や知識が身につく

 

デメリット

  • 基本的に立場が上になると休めない事が多い
  • 健康面、衛生面、身だしなみにおいて、厳しく管理しないといけない

 

ホテル・旅館

サービス業の代名詞のイメージがあるホテル、旅館です。

 

ホテルや旅館の面白いところは、自分たち独自のおもてなしを作るれることです。

 

気配り、言葉遣いといった身につけておいて絶対損はない知識も入手できます。

 

建物の立地によっては語学が必要なところもありますので、いろんなスキルを学習できる職種です。

 

メリット

  • いろんな人との出会いが多い職場
  • 自分の個性を接客に活かせられる

 

デメリット

  • 時間が不規則な勤務(日勤、夜勤)
  • シフト上、あまり会わない職場の人も出てくる

 

特殊な接客業

最後に、特殊な接客業をご紹介します。

 

特集と言っても、全く怪しくないのでご安心下さい(笑)。

 

専門的な資格が必要だったり、話術や観察術といった高度なテクニックを使う業種があります。

 

その中でも2つご紹介させていただきます。

 

1:介護職

資格を持っていないと職種につけないお仕事です。

 

福祉ですが、相手とコミュニケーションをしっかりとるお仕事でもありますので接客と同じ要素があります。

 

今後は、今以上に需要が増えてくる仕事ですので視野に入れておいてもいいでしょう。

 

メリット

  • 資格を持つと職を探しやすい
  • 今後、需要が増える

 

デメリット

  • 資格を取るまでに時間とお金がかかる
  • 時間の不規則な勤務になる

 

2:水商売

キャバクラ、ホスト、スナックといった仕事も立派な接客業です。

 

かなり高度なトーク力や、相手の様子を観察してサービスしたりするので非常に難しい仕事です。

 

お酒に強く、しゃべることが好きな人であれば視野に入れておくのもアリです。

 

水商売ができると、どの仕事でもこなせると思います。

 

メリット

  • 自分の実力が大いに反映される
  • 自分自身を売りにできる

 

デメリット

  • 体を壊しやすい
  • メンタルが強くないと精神的にも辛い

 

いま働いている会社を辞めれない場合は?

本当は違う仕事をしたいのに、なかなか辞めれない人も中にはいますよね。

 

そういう時は退職代行サービスを利用することをオススメします。

 

全て退職の手続きを任せることが可能ですので、会社に行かずにストレス無く退職が可能です。

 

詳しくはこちらの記事で解説しています。

関連記事ブラック企業の退職方法は?【結論:退職代行サービスを利用】

続きを見る

 

 

あとがき:接客業を経験してみよう

記事のまとめを書いておきます。

 

【まとめ】

  • いろんな人を見ることができて勉強になる
  • 接客は人生において損の無いスキル
  • 自分自身を変えることができる

 

接客業ができれば、今よりも人脈の幅が広がります。

 

相手のことを思い、行動しなければ気持ちは伝わらないので人生において大切なスキルです。

 

 

自分には無理かも・・・。

こんなふうに思っている人でも大丈夫です。

 

 

誰でも最初は不安ですが、やってみると「あれ?思ってたより良いかも」ってことのほうが多いんですよね。

 

仕事に共通して言えるのは「慣れ」です。

 

どんな人でも最初からできる人は存在しません。

 

今の環境が違うなと思ったら新しい自分を見つけてみましょう。

 

 

最後に3つだけご紹介させていただきます。

 

マイナビジョブ20‘s

20代の人にオススメなのがマイナビ20’sです。

新卒、や第二新卒の方に特化しており、未経験者やキャリアが無い人に公表があります。

 

ポイント

  • 求人が多く、様々な方向で提案してくれる
  • 職務経歴書の添削や、丁寧に面接の利用を練習してくれる
  • 遠方の場合は電話相談も可能

 

下記に公式サイトのリンクを貼っておきます。

 

マイナビジョブ20's

クリックすると公式サイトに移動します。

 

doda(デューダ)

転職業界の大手、dodaです。

求人の量が多く、幅広い年齢でも利用が可能が魅力です。

 

転職する際には、まず利用したいサイトと言えます。

 

ポイント

  • 20〜30代はもちろん、40〜50代でも利用可能の転職サイト
  • 求人は都市部だけでなく、地方も豊富に記載している

 

公式サイトのリンクを貼っておきます。

doda

クリックすると公式HPに移動します。

 

 

少しでも本記事がヒントになれば幸いです。

今回は以上です。

 

スポンサーリンク

-Life, Work
-, ,

© 2020 Hamui Blog Powered by AFFINGER5