(景品表示法に基づく表記)本サイトはプロモーションが含まれています。

アニメ&ゲーム

【Disney+】面白すぎ!悪魔バスター★スター・バタフライは絶対見ろ!【おすすめアニメ】

もしかしたら、アナタは人生を損しているかもしれない。

『悪魔バスター★スター・バタフライ』のアニメを見ていないなら尚さらだ。

子供向けのアニメだと思ったら大間違いで、大人の僕が爆笑してしまうほど面白いアニメなのだ。

そんな『悪魔バスター★スター・バタフライ』のアニメの見どころを紹介するので、最後まで読んで参考にしてみてほしい。

ハムイ

Hamui(ハムイ)です。

ガジェット紹介や、生活改善情報を発信しています!

各メディアでの情報発信はこちら

スポンサーリンク

悪魔バスター★スター・バタフライとは?

引用:Disney+

悪魔バスター★スター・バタフライの簡単なあらすじを紹介。

あらすじ

主人公のスター・バタフライは異次元の魔法の国ミューニのプリンセスで、モンスター退治が趣味の好奇心旺盛な女の子。

ある日、お受けに伝わる魔法のステッキを譲り受けるが、ステッキの不思議な力を使いこなすには席にが伴うことを教えられ、最も安全な星である地球で修行をすることに。

そして地球で出会ったマルコという男の子と、ハチャメチャな日々をくることに。

スター・バタフライのココが見どころ!

引用:Disney+

悪魔バスター★スター・バタフライの魅力をまとめると以下の通り。

ココが面白い!

  • 魔法界のキャラが関西弁→特にキャラクター(スター・バタフライ、ルード)
  • キャラクターたちがぶっとんでるw
  • 1話約10分構成でサクッと見れる
  • 日本のアニメでは味わえない絵のタッチ
  • 特に関西人にはドツボにはまる面白さ

異次元の魔法の国のキャラが関西弁

本作の最大の特徴として、異次元の魔法の国のキャラクターは全員関西弁をしゃべる。

しかも、コッテコテの訛り具合なので、関西人でもそんな言い回し方しない言葉選びが面白すぎる!

本来のイントネーションに近いキャラや、エセ関西弁など、癖になるイントネーション多いので、ぜひ見て欲しい。

特に主人公のスター・バタフライ、悪党のルードの話し方に注目をしてみてほしい。マジでツボ。

キャラクターたちがぶっ飛んでるw

登場するキャラクターが見てみて飽きない!

  • 天真爛漫すぎて天才かアホなのかわからないスター・バタフライ
  • 悪魔をなぜか空手で倒せるマルコ(男主人公)
  • 宝探しで何故か宝の地図を食べて上半身裸になってしまうスター・バタフライのパパ
  • 家の中で目から無数のレーザーを出す子犬たち

など、とにかく出てくるキャラたちがぶっ飛んでで面白すぎる。

個性豊かなキャラクターたちに注目だ!

1話約10分構成でサクッと見れる

一般的なアニメは約20分ほどの構成で、じっくりみないと内容に集中できない事が多い。

スター・バタフライは1話が10分でサクッと見れる。

時間つぶし、移動中などスナック感覚でつまめるアニメ。

日本のアニメでは味わえない絵のタッチ

海外のアニメらしいトゥーン調の絵柄は日本では味わえないし、独特な絵のタッチだからこそ魅力を感じる。

パワーパフガールズ、デクスターズラボ、ジョニー・ブラボーなんかに近い。←この作品を知っていたら同世代。

トゥーン調の絵柄だからこそ、本来ミスマッチな関西弁も良い具合になっているのはすごいと思う。

特に関西人にはドツボにハマる面白さ

ほとんどのキャラクターが関西弁で喋るのも、ドツボにはまってしまったけど、他にもハマる要素がある。

関西の会話はリズムが良いので、キャラクター同士の会話のテンポが良く、集中して見ることができる。

そして、関西ならではの人情に溢れた温かいセリフ、京都みたいにちょっと意地悪な言い方など、関西特有の言い回し方が良い。

そこにも注目するともっとハマる事ができる。

スポンサーリンク

日本語吹き替え版声優が豪華!

悪魔バスター★スター・バタフライの日本語吹替版キャストは以下の通り。

豪華な声優が出演しているので、それだけでも作品を視聴する価値がある。

そして、必ず日本語吹き替え版で見て欲しい!そうじゃないと関西弁が聞けない。

キャラクター 声優 主な出演作品
スター・バタフライ 植田佳奈 『魔法少女リリカルなのは』:八神はやて
『Fate/Stay night』:遠坂凛
『ハヤテのごとく!』:愛沢咲夜
マルコ・ディアス 興津和幸 『アイドリッシュセブン』:大神万理
『僕のヒーローアカデミア』:ファットガム
『ジョジョの奇妙な冒険』:ジョナサン・ジョースター
『MARVEL Spider-Man』:ピーター・パーカー
ルード・アバリアス 龍田直樹 『ドラゴンボール』:ウーロン
『キテレツ大百科』:ブタゴリラ(熊田薫)
『星のカービィ』:ドクター・エスカルゴン
ポニー・ヘッド 矢尾幸子 『しゅつどう!パジャマスク』:コナー(キャットボーイ)
『メガストーム』:オリーブ
『空戦魔術師候補生の教官』:グレッグ・ハスタック
クイーン・ムーン・バタフライ 久川綾 『美少女戦士セーラームーン』:水野亜美(セーラーマーキュリー)
『ドラゴンボール超』:ブルマ
『カードキャプターさくら』:ケルベロス(仮の姿)
キング・リバー・バタフライ 武田幸史 『ザ・スーパー・マリオブラザーズ・ムービー』:ドンキーコング
『黒子のバスケ』:岡村健一
『ベイマックス』:ワサビ

第1〜2話は完全に無料で見れる

YouTubeのディスニー公式チャンネルが、スター・バタフライの第1〜2話を無料で公開している。

僕が説明するより実際にアニメを見たほうが良いので、とりあえず1話を見てみて欲しい。

あなた自身の目で、スター・バタフライの世界観を体験してみて!

どう?めっちゃおもしろくない?(笑)

これを見て笑ってしまったら、あなたはスター・バタフライの魔法にかかってしまったのと同じ。

続きを見たい人は次で説明をするね。

悪魔バスター★スター・バタフライの視聴方法

めちゃおもろい『悪魔バスター★スター・バタフライ』が見れるのは、Disney+(ディズニープラス)のみ。

他のサブスクでは見ることができないので、スター・バタフライを見るなら必然的にDisney +を選ぶことになる。

引用:Disney+

Disney+公式HP

Disney +は全てのコンテンツが見放題で、料金も良心的。

さらに、ここでしか見れない作品が満載なので、利用する価値はめちゃくちゃある。

Disney +の特徴や登録方法などの詳細は、下記の記事で解説をしているので参考にしてください。

Disney+で一緒に見たいオススメ作品

悪魔バスター★スター・バタフライと一緒に見ておきたい作品もピックアップ!

Disney+だけしか見れないオリジナル作品があるので、よければこちらもチェックをしてみてほしい。

おすすめ作品

  • マーベル・アルティメット・スパイダーマン
  • ホワット・イフ...?
  • モンスターズ・ワーク
  • 異修羅

マーベル・アルティメット・スパイダーマン

↑1話は無料で見れる。

スパイダーマンは実写映画も面白いけど、アニメもめっちゃ面白い。

ここだけでしか見れないヒーローチームでの共闘や、アニメだからこそ表現できるヒーローの面白さがつまっている。

一味違ったスパイダーマンを楽しんでみて欲しい。

ホワット・イフ...?

アベンジャーズたちに別の運命が待っていたらどうする?という「イフ(もし)」のストーリー。

マーベル・シネマティック・ユニバースで起こった事をベースに、もうひとつのストーリーを楽しめることができる。

CGの技術がすごくてアニメシリーズの枠を超えているクオリティになっている。

モンスターズ・ワーク

映画の『モンスターズ・インク』のその後のストーリーを描いている作品。

かつて恐怖感情がモンスターたちのエネルギーだったが、笑いは10倍のエネルギーになる事を発見したモンスターたちが、笑わせ屋を目指す奮闘が描かれている。

異修羅

 

かつて存在した魔王によって恐怖に支配された世界が舞台の物語。

何者かによって魔王は倒されたが、その死は平穏をもたらすものではなかった。

ある日、学術都市ナガンが壊滅する事件が起こり、異世界のである柳の剣の剣豪ソウジロウの出現が確認されるが、この世界の最強は彼一人ではなかった。

主人公は進撃の巨人の主人公エレンを務めた梶裕貴さん。

 

紹介した作品の他にも、まだまだ面白い作品が溢れているのでDisney+で楽しんでみよう。

今すぐDisney+で作品を見る

終わりに:『悪魔バスター★スター・バタフライ』はDisney+で絶対に見るべき!

今回はDisney+で超おすすめのアニメ『悪魔バスター★スター・バタフライ』の紹介でした。

一度見ると癖になって忘れられなほど、面白く衝撃的なアニメだ。

ちょっと変わった作品を見たいと思っている人にはピッタリだし、家族・友人・恋人など、幅広い年齢層でも見れる。

Disney +を利用して、悪魔バスター★スター・バタフライの世界を楽しんでみよう。

今すぐ『悪魔バスター★スター・バタフライ』を見る

あわせて読みたい

ディズニープラスは利用価値あり?特徴・口コミ・サービス【ディズニー好きが解説】

続きを見る

【SONY】MDR-EX225APは安いのに高品質【有線イヤホンレビュー】

続きを見る

スポンサーリンク

-アニメ&ゲーム
-, , , , , ,

© 2024 Hamui Blog -ハムイのブログ- Powered by AFFINGER5