ガジェット&小物

新型Switch EL有機モデルの特徴と従来モデルとの比較!無理して買うべき?

2021年10月8日に有機ELディスプレイを搭載した新型のNintendo Switchを買うことができました。

正直に言うと何回新しいSwitchが発売するねんって感じに思っていたけど、新色のホワイトがシンプルなデザインに一目惚れしたので買ってしまった・・・。

今回はせっかくなので従来のモデルと新型モデルを比較してみて、どちらがおすすめのモデルかをお伝えしようと思います。

最後まで読んで参考にしてくださいね。

ハムイ

【記事を書いた人】

Hamui(twitter)です。

このブログのブックマーク、twitterのフォローもお待ちしております。

スポンサーリンク

新型Nintendo Switch 有機ELモデルの同梱物

新型Nintendo Switch(有機ELディスプレイ搭載モデル)の箱は従来のサイズよりコンパクトになっている。

入っているものは同じなのに箱を小さくできなんて素晴らしい。少しでもコストを下げるように作ったと見受けられる。

新型Nintendo Switchが登場!

箱を開ける瞬間はいつもワクワクする。ゲーム好きならわかる感覚だと思う。

同梱物に関しては従来のもの同じ。

同梱物

  • 本体
  • ドック
  • joy-con/joy-conストラップ
  • joy-conグリップ
  • AC電源アダプター
  • HDMIケーブル

真っ白なドックを実際に見てみると美しい。

従来の黒色もカッコいいけどインテリアに合わせるなら断然ホワイトの方が合う。

【Nintendo Switch】有機ELモデルと従来モデルを比較

早速ディスプレイを見比べてみましょう。

上が新型有機ELモデルで下が従来のモデル(バッテリー強化版)です。

本体サイズは変わらないけど、こうして比べて見ると従来のモデルはベゼルの太さが気になってくる・・・。

有機ELと従来モデルのディスプレイを比較

有機ELモデルは7.0インチ、従来のモデルは6.2インチになっている。

数値では大差が無いように感じると思うけど、実際にゲーム画面で比較してみると有機ELモデルの7.0インチの画面がめちゃくちゃ大きく感じる。

さらに画面を拡大すると有機ELモデルの方が色鮮やかになっている。

従来モデルでも十分にキレイだけど黄色っぽい暖色系が強い印象。ゲームをするのに全く支障は無いけど、有機ELモデルを見てしまうと後戻りはできないかもしれない。

ディスプレイや色調に関しては比べてみてハッキリと有機ELモデルの方がキレイで安いことがわかった。

本体上部を比較

本体上部を見ると有機ELモデルは電源ボタンと音量ボタンが大きくなって押しやすい物に変更。

熱を逃がすファンの部分も細くなっていて、ファンの音も若干抑えられている気がする。そのほかの変更点は無し。

スポンサーリンク

【Nintendo Switch】本体背面を比較

背面に関しては有機ELモデルはロゴマークだけでシンプルなものに変更されている。それに対して従来モデルはロゴマークの他にライセンス情報などがある。

背面スタンドが一新!好きな角度で固定できる!

Switchをテーブルモードで遊ぶ時に使う本体背面のスタンドの大きさが格段にアップ。

かなり安定して本体を支えることができるのと、好きな角度で固定できるので自分の見やすい位置を調整することができる。

従来のモデルは細いスタンドで支えていたので、ちょっと頼りない感じはあったから有機ELモデルは安心してプレイできる。

スピーカーの音が良くなった

従来のモデルのスピーカーの位置は本体の背面にある。

決して音は悪いというわけではないけど正面から音が聴こえなかったので、どうしても少しこもった音に聴こえてしまっていた。

有機ELモデルのスピーカーは本体の前面に搭載されていて、音質もクリアになっているので音が聴きやすくなっていました。

僕は音にはうるさい人間なので今回の変更点は嬉しい。

でも、よく聴き比べてみないと違いはわからないレベルなので音にこだわりがない人は気にしなくてもOK.

joy-conが握りやすくなった

従来のモデルはjoy-conがほんの少しグラグラとしていたけど(ゲームには支障は無いレベル)、有機ELモデルになってからはほとんどグラグラしなくなった。

しっかりとjoy-conが固定されるようになったので安定感アップ!

joy-conのドリフト現象が改善

有機ELモデルに同梱しているjoy-conでは、スティックが勝手に動くドリフト現象が改善されていると、開発者のインタビューで明らかになっている。

ヘビーゲーマーならドリフト現象に悩まされていた経験があると思いますが、同梱されているものは、なりにくいものになっているのも嬉しいポイント

joy-conの機能自体は従来のものと同じ。

ドックには有線LAN端子が搭載された

有機ELモデルはドックにも変更があり、有線LAN端子が搭載。

従来モデルで有線LANを使う場合はUSB端子に有線LANアダプターを接続しないと使えなかったけど、有機ELモデルでは直接接続できる仕様になっている。その他の変更は無し。

回線速度やオンラインで遅延が気になる人は有線LANが搭載されているモデルを買ったほうがおすすめ。

僕を含めて無線LANで使っている人はあまり気にしなくても良いと思います。

4Kの映像出力はできない

ドック部分のHDMI端子はHDMI2.0のケーブルに対応してるから、4Kにも対応しているのではと思ってしまうけど、Switch自体が最大1920×1080ピクセル60fps(TVモード)までの出力なので4Kには対応していない。

ちょっと残念に思うかもしれないけど、SwitchのソフトはPS4やPS5に比べると容量も少ないのグラフィックを抑えているというのも理由のひとつだと思うから仕方ない。

今後はソフトも本体も4Kに対応するかは不明だが期待したいところ。

有機ELモデルと従来モデルのその他の変更点

  • 本体ストレージが64GB
  • 遊べるソフト
  • サイズと重さ
  • ディスプレイの素材が違う

①本体ストレージが64GBに

従来モデルは本体ストレージが32GBだったのに対し、有機ELモデルは64GBで保存できる容量が倍に!

パッケージ版のゲームをメインで遊ぶのであれば32GBでも、そこそこ容量は足りていたけどダウンロード版をメインで遊んでいるとキツイ。

少しでも容量が増えたのは嬉しいけど、どうしても容量を増やしたい時にはmicroSDカードを購入するのがオススメ。

挿入口はスタンドを開けた部分にあります。

microSDカードは通販で買うほうが安いのでおすすめです。

②遊べるソフトが一部変わる

Nintendo Laboシリーズをプレイするときには画面サイズが違っている点が影響してくると思います。アップデートで対応するのかは未定です。

他のゲームソフトはいつもどおり問題なく遊ぶことができます。

③サイズと重さ

有機ELモデルと従来モデルはほとんど差はないけど、わずかに変更されています。

有機ELモデル 従来モデル
本体サイズ 縦102mm
横242mm
厚さ13.9mm
縦102mm
横239mm
厚さ13.9mm
重さ(joy-con装着時) 約420g 約398g

有機ELモデルは若干横のサイズが大きくなり、約20gほど重くなっている。

体感はそこまで変化にわからない程度なので気にしなくても良いと思います。

④ディスプレイの素材が違う

従来モデルのディスプレイにはプラスチック素材が使われていたのですが、有機ELモデルではガラス素材が使われています。

つまり、落としたりすると画面が割れやすい傾向にあるので扱いに注意する必要があります。

少しでも画面割れを防ぐ為にガラスフィルムを装着することをオススメします。

【おわりに】新型Nintendo Switch 有機ELモデルは買うべきか?

有機ELディスプレイ搭載の新型Nintendo Switchはどんな人が買うべきかというと次の通り。

有機ELモデルはこんな人おすすめ

  • まだNintendo Switchを買ったことが無い人
  • 携帯モードでキレイで大きな画面で遊びたい人
  • 新しい物が好き

購入の1番の決め手は、やっぱり携帯モードで画面が大きいものをプレイすると従来の画面では物足りなくなってしまうということ。

外出先や自宅で寝転びながら快適にプレイしたい人やNintendo Switchを持っていない人は、有機ELディスプレイ搭載の新型Switchを買ったほうがオススメ。

逆に言えば、上記の3つの理由に該当しない人は無理に有機ELモデルを買わずに従来のモデルで十分と言えます。

本体の処理能力やテレビ出力での画質などは全く変わらないので、普通に遊ぶ分には従来モデルの方がコスパは良いしオススメ。

自分の環境に合わせてNintendo Switchを選びましょう。

Nintendo Switch有機モデル

↓従来モデル

あわせて読みたい

【PS5】新世代ゲーム機を開封レビュー!重たいけどオシャレ&高性能

【PS5】新世代ゲーム機を開封レビュー!重たいけどオシャレ&高性能

続きを見る

スポンサーリンク

-ガジェット&小物
-, , , ,

© 2021 Hamu a Good Day Powered by AFFINGER5