Mental Health

ストレスを武器にする方法!仕事の作業も効率アップ!~ヤーキーズ・ドットソンの法則~

【はじめに】

こんにちはハムイです。あ、サイコリストのハムイです。

ストレスって普段抱えていますよね。小さな物から大きな物までいろいろあると思いますし、ストレスを全く抱えていない人は存在しないと思います。

そして、ストレスと聞いただけで皆さんはマイナスのイメージを持たれる方が多いと思いと思いますが、悪い事だけではありません。使い方によっては良い方向になることもあります。

今回はそのストレスの使い方のお話をしようと思いますので、よろしくお願いします。


【ストレスは成長の過程】

「あぁ、また大量の仕事がある・・・。早く済まさないと上司に何か言われるだろうなぁ。」

 

仕事場でこんな場面を体験したことはありませんか?

そして、これがどんどん溜まっていくと自分が壊れていってしまいます。これは仕事に「嫌だ」とストレスを悪い方向に考えているからなのです。

そこでやって頂きたいのは、ストレスは悪影響だという考えを違う方向で考えてみることが大切です。

例えば、先ほどのあぁ、また大量の仕事がある・・・。早く済まさないと上司に何か言われるだろうなぁ。」という場面で説明しますと、こんな風に考えを変えます。

 

「大量の仕事がある。この日までに仕事を終わらせたら、上司から評価があがるかもしれない」

 

 

この様にストレスはありますが、多少のプレッシャーをかけることで仕事を頑張れるようにストレスを変換するのです。

つまり、緊張やストレスの度合いが適切であれば能力は向上するということです。

これを心理学で説明するとヤーキーズ・ドットソンの法則と言います。

 


【ヤーキーズ・ドットソンの法則とは?】

これは心理学者の「ロバート・ヤーキーズ」と「J・D・ドットソン」という人たちが実験を行った為、双方の名前から名づけられました。

どの様な実験内容かと言いますと、2人はネズミを使って実験をしました。

ネズミが白と黒の目印を区別できるように訓練します。ネズミが区別を間違えると電気ショックを流して学習を促すようにしました。

電気ショックは強弱を変えて設定できるようになっています。そして電気ショックが強まると、それに従いネズミは正解率が上がりましたが、最適な強さ以上に電気ショックをすると正解率が低下したという実験結果がわかりました。

スポンサーリンク

強すぎず、弱すぎずが適切

つまり、先ほどの実験結果からわかることを簡単にまとめると、このようになります。

 

  • ストレスが無いと能力向上しない
  • 適切なストレスになるまでは、能力は向上する
  • 適切なストレスを超えてしまうと、能力は低下する

 

極端なお話をすると、1日でブログを100記事書こうとすると、ストレスを超えて能力は低下しますし、今後もやる気がなくなります。しかし1日10記事だと少しのストレスになるので自分の能力向上に使えます。

 

適切なストレスというのは人によって違うと思いますので、自分で無理の無いようにプレッシャーをかける事を心掛けましょう。

 

 

どうしても、ストレスが溜まってどうすればいいかわからないという人は以前に筆記開示というストレスの発散方法を書いておりますのでそちらを参考にしてください。

お金もかからずに誰にでもできまるのでおすすめです。

そちらの記事はこちらからどうそ。

私の実体験の話

私の過去の実体験をお話をします。

私は軽音楽部に入っており、ボーカル&ギターをしておりました。ステージに立つ前にはいつもこんなストレスを抱えていました。

「人が見てる・・・。」「上手く演奏できるかな・・・。」など、不安がありました。

いざ、ステージに立つと以前に上手く弾けなかった演奏部分や、声が出にくかった箇所が歌えたりと最高のパフォーマンスを引き出せた経験があります。

これが適切なストレスだった事により、演奏や歌に集中ができて結果が出せたのだと思います。

逆にステージに立つ前の練習だとストレスあまり無いので失敗するという事があるのも事実です。本番に強いと言われている人もこのような状況を利用しているからこそできるパフォーマンスかもしれませんね。


【ストレスで行動しよう】

ストレスを利用することがわかったら、次に行動しましょう。ここでの行動とは新しい事に挑戦することです。

新しい事に挑戦するという事は未知なる事を意味します。知らない事に対しては方法がわからないのでどうしてもストレスが溜まってしまい、リスクを回避したり無難な生き方を選んでしまうと思います。

 

本当に自分の人生はそれでいいのか?それで有意義なのか?と考えてみて欲しいのです。もちろん、それで良いという人もいると思いますので全く否定はしません。ストレスが悪い物だと思いがちだったので仕方ない事だとおもいます。

 

しかし、ストレスを完全に回避することは自分を偽ることになるかもしれません。なので、本当に自分がやりたいこと、自分の人生に挑戦をして欲しいのです。苦難=ストレスですが、ストレスがあったから成長できたと思える日に向かって、一緒に頑張りましょう!

ストレスの常識を変えられる一冊

ストレスの活用方法に興味が湧いたという方はこちらの本もオススメです。私も参考にしています。

ストレスはどのように感じるのか。そして、ストレスはどのように活用するかなど細かく書いていますので、今までストレスに関しての考え方、常識が変わり勉強できます。

日頃、何か悩んでいて選択肢に迷った時にオススメですので興味のある方は読んでみてください。

『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』

ケリー・マクゴニガル(著)


【さいごに】

以上がストレスを武器にする方法でした。さいごに少しまとめるとこんな感じです。

 

簡単な事ほど、強めのストレスを与えて小さいミスを防ぐ。

難しい事ほど、適度なストレスで挑戦する。

 

 

これだけ押させて頂ければ今回はOKです。なので、普段感じているストレスは成長のチャンスだと考えるようにして、自分が無理のない範囲で活用しましょう。

今回は以上です!また次回お会いしましょう!

ほなまたね( ´Д`)ノ~バイバイ

 

 

スポンサーリンク

-Mental Health
-, , , ,

© 2020 Hamui Blog Powered by AFFINGER5