Column

トイ・ストーリー4を観てきた。(途中からネタバレ有り)

こんにちは、ハムイです。

はじめに言っておきます。この記事では見てきた感想を書きたいのですが、どうしても作品の内容を書かないと自分の気持ちが収まらないので、どうしてもネタバレ要素が入ってしまいます。まだ作品をご覧になっていない方は、途中に【ネタバレ有】の箇所があるので、そこで戻ることをおすすめします。

 

では始めましょう。

 

 

先日、トイ・ストーリー4が公開されましたね。地上波でも3が放送されたばかりなので今はトイ・ストーリー熱がすごいんじゃないでしょうか。

私もトイ・ストーリーは好きで1作品目からずっと見てきました。そして昨日映画館に行ってきましたよ!ディズニーの映画を観るのは久しぶりです。いつぶりやろう?

トイ・ストーリー3では感動的できれいな終わり方やったのでトイ・ストーリー4は一体どんな内容なのか?!すごく気になりますよね。

 

こんなあらすじ

 

 

前作の終わり方はアンディたちのオモチャはボニーという少女に託されることになります。そして、今作ではボニーがオモチャたちと遊んでいるところからはじまります。

しかし、ウッディはボニーとは遊んでもらえない日々が続きました。

ボニーがウッディの事を嫌いわけではないのですが、ウッディと遊ぶ機会が極端になくなっていきます。しかし、ウッディは「自分はボニーのオモチャなんだ。」という気持ちが強い為、何としてもボニーに振り向いてもらおうと努力を続けます。


スポンサーリンク

その2

 

ある日、ボニーは幼稚園の体験入園に行きます。

幼稚園に行っている間は自分のオモチャたちと遊べないので幼稚園に行くことを拒みます。しかし、そうはいかないのでボニーは寂しい思いをしながら幼稚園にいくことになります。

そんな様子を見たウッディは単身でボニーのリュックにこっそりと入っていき、影でボニーを支えるようになります。

幼稚園についたボニーは。新しい環境の為、周りの子どもたちと仲良くはできません。それを心配したウッディは教室にある筆記用具、工作用具、ゴミなどを集めさりげなくボニーの前に用意します。

そして、集めた物を眺め、無造作に作り上げた作品が今回の新キャラクター`フォーキー’です。

幼稚園に友達ができていないため、そして自分で作ったオモチャだったのでボニーはフォーキーの事が大好きになります。

そしてウッディとフォーキーはボニーの家に帰ることになります。


その3

 

フォーキーはボニーの手作り(素材はてきとうな物でつくられている)なので自分の事をオモチャと思っていずに、ゴミだと思っています。なのですぐにゴミ箱に入りたがります。

ウッディは「君はボニーが作ったオモチャだ、ゴミじゃない。」見たいな事を言うのですが、フォーキーはなかなか受け入れません。

そんな最中、ボニーの家族たちはキャンピングカーで旅行に行く事になります。もちろんボニーのオモチャも一緒です。

ボニーは車の移動中にもおもちゃと遊ぶことを忘れません、特に自分が作ったフォーキーは肌身離さず一緒にいます。

 

旅行の途中、ハプニングが起こります。

 

「僕はおもちゃじゃない、ゴミだ。」

フォーキーが車の外に飛び出すのです。

 

それを見たウッディはフォーキーを連れ戻すために車を飛び出し、彼を説得しにいきます。

 


スポンサーリンク

その4

 

車を飛び出した二人ですが、ボニーの車に戻るようフォーキーを説得するウッディ。彼の説得が上手くいき、フォーキーは自分はボニーのオモチャだという事を自覚し始めます。

「おもちゃというのは子どもを幸せにするためにいるんだ。ボニーを笑顔にすえんだ。君しかできない。」自分の過去の話を交えながら、ウッディがそう言うのです。

そして2人はボニーの所を目指し向かいます。

そして、彼らの前にアンティークショップが現れます。何気なくショーウインドウを見ると、数年前に分かれたボー・ピープの電気スタンドが目に入ります。

もしかすると・・・ここにボーがいるのか??

そう希望を抱き、ボニーとの再会を後にしてウッディはフォーキーとアンティークショップに入ります・・・。

 

続きは映画館で!

作品は見ないから&ネタバレは平気な人はここから進んでください。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ここからネタバレ含んでいきます】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論から言うと、私はトイ・ストーリー3で終わっていてほしかった。

納得できない箇所がいくつもあり、悲しさと悔しさでいっぱいです。

話をだいぶ省きますが、ウッディは数年前に分かれたボー・ピープと再会します。しかしボーは腕を破損しており、現在は持ち主のいないオモチャとして生きていました。

持ち主のいないオモチャはいろんな世界が見れる、子どもに依存はしてはいけない。そんな気持ちが彼女を強くして、生きてきました。

ウッディはそれに翻弄され、そしてボーとの恋に落ちて、今まで共に過ごしてきた仲間と別れを告げる事を決意します。

ジェシーや、バズともです。あの相棒のバズと別れるのが泣きそうになった。

 

そもそも、アンディの気持ちを裏切ったボニーが好きになれない。

ボニーは3の最後でウッディの事を「私のカウボーイ」と言い、アンディが「ずっと一緒にいた友達だから大切にしてね。」と言ってボニーに託すのですが、ボニーはウッディと遊ばなくなり、放置されます。

ひどい。ウッディはボニーの事を幸せにしようと頑張っていたのに子どもの気持ちには届かなかったのだろうか。

ウッディがかわいそうすぎる・・・。いつも頑張っていたのに・・・。

でも、それがあったから吹っ切れて自由になろうとおもったんやろうか。

 

4を見た後で過去の作品を見るのが辛すぎる。どうあがこうと、結果に変わりはないからです。

どうして4を作ったのかなぁ。それだけが心残りです。

 

いや、ほんまにウッディとバス離れて欲しくなった・・・。

 

トイ・ストーリー4は嫌いではない。面白い部分も一杯ある。でも、そうじゃない・・・結末がそうじゃないのが良いと何度も思った。

ディズニー映画で単に悲しくなった作品ははじめてかも。

 

 

ディズニーランド行くときに複雑な気持ちになりそう・・・。

 

 

うおおおおん。誰かどうしかしてくれw

 

 

 

ほな、またね!

(´;ω;`)ウッ…

スポンサーリンク

-Column
-, , , , ,

© 2020 Hamui Blog Powered by AFFINGER5