Mentalism Psychology

【販売員必見】ウザい店員を卒業!やり方ひとつで接客を劇的に変える方法

よく店や街頭で声を掛けてくる人がいてウザい。なんであんなにウザいんだ?

 

こんな疑問を解決します。

 

 

まずは簡単に自己紹介をします。

 

筆者はこんな人

  • 10年以上接客経験を持つプロ
  • 接客コンテストで表彰の経歴あり
  • 対人心理を駆使し、人や作業の効率化や改善を得意とする

 

こんな感じで接客には詳しい者です。

 

今回は接客をする人が何故、ウザく感じてしまうのかを解説させていただきます。

 

客としてお店に行ったけど相手の接客がウザくて買うのを辞めた経験。

店員側はお客様が何も買わずに出ていってしまい、原因がわからずに同じような接客をするでしょう。

 

 

なぜ、店員側はウザい態度をとってしまうのか。

 

今回は原因と対策をお話させていただきます。

 

記事の内容

  • ウザい店員の正体
  • 改善方法
  • 街頭の下手くそなキャッチの例
  • あとがき

 

このように進めていきます。

 

では本題に行きましょう。

 

スポンサーリンク

ウザい店員=自分の話をする

 

ウザい店員の正体の結論を言います。

 

それは自分主体で接客をしていることが原因です。

 

これは自分の自慢話によく似ています。

 

そもそも最初は、お客様は店員に興味がありませんよね。

店員に商品の説明や声かけ(キャッチ)され、興味のない話をされるとどうでしょうか?

 

一瞬でウザいと感じます。

 

つぎに具体例を見ていきましょう。

 

ウザいorデキる店員

お店に行ったときのことを思い浮かべてみて下さい。

手に取って、現物を見ることがほとんどですよね。

 

すると店員がこのように話しかけてきました。

そちらの商品は入荷したばかりの新作なんですよ

 

これを聞いたお客様は

へー

これしか言いようがないですよね。

 

これがウザい店員です。

 

次のパターンを見てみましょう。

 

そちらの商品は入荷したばかりの新作なんですよ。少し気になっていますか?

 

どんな機能があるのかなって思っていました。

 

これがデキる店員です。

 

前者の店員は「新作」とだけ伝えておいて何もしていませんよね。

後者はお客様の悩みを聞こうとしています。

 

皆さんなら、どちらの店員から買おうと思いますか??

 

 

 

後者ですよね。

 

解説をします。

 

ウザい店員になってしまう理由:自分主体

なぜ、ウザい店員になっていまうのでしょうか。

 

それは、自分を主体にした話し方をしている為ウザいと感じられます。

 

 

ウザい店員

「そちらの商品は入荷したばかりの新作なんですよ」→自分の都合、情報のみを伝えた話し方になっています。

 

お客様

あー。そうなんですね。(買わされるかもしれない・・・。)

 

そうすると、客の立場であれば「商品を買わされる」と感じて離れていきますね。

 

では、以下のパターンではどうでしょうか?

 

デキる店員

「そちらの商品は入荷したばかりの新作なんですよ。少し気になっていますか?」→様子を伺うことで、お客様の悩みを解決できるような聞き方をしている。

 

お客様

今持っている物と何が違うのかなって思っていて・・・。

 

このような言い方をすれば、「もしかしたら、お客様の力になってあげれるかもしれない」気持ちが込められていて、お客様主体の接し方になっています。

 

お客様自身の悩みを聞いてもらえるのであれば、安心して店員の話を聞くことができますよね。

 

スポンサーリンク

他にもある!自分主体の禁止行動!

自分主体の行動は他にもあります。

 

例をあげると、以下の場合でも気をつけなければいけません。

注意ポイント

  • 路上でのキャッチ(居酒屋やカラオケなど)
  • 日常会話

 

それぞれ見てみましょう。

 

残念な路上でのキャッチ行為

夕方以降に駅前や繁華街でキャッチ、いわゆる客引きも非常に残念な人がいます。

 

そういう人たちは決まってこう言います。

キャッチする人

  • 「居酒屋いかがですかー?」
  • 「空いてますよー!」

 

残念ながらこういったセリフでは、お客様を呼ぶことはできません。

「居酒屋いかがですか?」→押し付け

「空いていますよ」→状況はお客様にとってどうでもいい事

 

お客様からすれば「だから何?」と思われて去ってしまうのがオチです。

 

お客様主体にするのであれば

デキる人

「居酒屋はいかがですか?本日オススメのおいしい料理をご用意できますよ。」

 

こんな感じで伝えてあげたほうが、お客様は関心を示していただけます。

 

日常会話でも注意

日常の会話でも、自分を主体をした会話は相手に伝わらない&無駄な時間を取ってしまいます。

 

例えば自分主体だとこんな会話になります。

ユニバ(USJ)はどこですか?

 

え?大阪駅から、環状線に乗って・・・

こう言われた人は困りますよね。

 

 

相手主体の会話だとこうなります。

ユニバ(USJ)までの行き方は知っていますか?

 

環状線で西九条で乗り換えで行けますよ

このように相手主体にすると、答える側もスムーズになります。

 

あとがき

今回のまとめは以下の通りです。

 

まとめ

  • 自分主体の話をしない(相手はあなたに興味がない)
  • 相手主体の話をすること(信頼を得ることができる)

 

実際に、接客業をしている人は下記の記事も読んでみて下さい。

こちらもCHECK

接客
接客のプロが伝授!3つの原因を改善して2倍売れる販売員になる!【声かけ】

続きを見る

今より売上が上げられる接客術を書いています!

 

今回は以上です。

スポンサーリンク

-Mentalism, Psychology
-, ,

© 2020 Hamui Blog Powered by AFFINGER5