Mentalism

5ステップで相手と信頼関係を深くする方法【仕事、恋愛、文章】

対人関係は心理術を使うことで、良い方向へと進めることができます。

 

 

・どうすれば営業が上手くいくかな?

・相手ともっと信頼関係を作りたいなぁ

 

 

こういった疑問を解決します。

 

 

今回の記事では相手との信頼関係を深めることで、主に以下の場面で役に立ちます。

  • 仕事での対人関係(営業、仲間内など)
  • 日常(友人、恋愛など)
  • 文章を使ったビジネス(アフィリエイト、ブログ)

 

 

では、さっそく内容を見ていきましょう。5分ほどで読めます。

 

 

スポンサーリンク

信頼関係を深める5つのステップ

 

 

相手と信頼関係を深めるには5つのステップが必要です。

 

 

【信頼関係を構築する5つのステップ】

  1. 信頼関係を築く
  2. 信頼を深める
  3. 相手の悩みを聞く
  4. 悩みの詳細を聞く
  5. 未来を想像する

 

 

順番に説明させていただきます。

 

 

①信頼関係を築く

1番最初に大切なのが、相手との信頼関係を築くことです。

 

 

あたりまえじゃないのか?

 

こう思われた人もいるでしょう。

しかし、大半の人はあることをできていないのです。

 

 

 

それは、自分が相手に心を開ききれていないことです。

 

 

さらに詳しく説明をすると、以下の事が大切です。

 

 

  • 1番はじめに自分が相手の事を好きになる
  • 自分が相手に心を開く

 

 

1番はじめに自分が相手を好きになる

結論を簡単に言うと「自分は相手の事が好きなんだ」と思い込ませることです。

 

 

心と体は繋がっています。

例えば、嫌な気持ちで相手と会うと、頭ではわかっていても体には表れてしまいます。

 

 

そのような様子を相手が感じると、関係が良くない方向に行ってしまいます。

 

 

そこで、相手の事を好きになる為に良い方法があります。

 

 

それは、相手と気楽になった時をイメージすることです。

 

 

例えば、相手に軽くボディタッチができるようになるには、ある程度の中の良さと気楽さが必要ですよね。

 

 

そういったイメージを持つと、相手のことを好きになれる行動につなげることができます。

 

 

自分が相手に心を開く

相手に心を開く。

 

 

そうはいっても単に心を開くだけではいけません。

 

 

ここで大切なことは、自分が気持ちをリラックスして心を開くことです。

 

 

その理由は、相手がなかなか気難しくて心を開いてくれない場合だと、こちらは焦りますよね。

(ど・・・どうしよう!どうにかしないと・・・!!)

 

 

これだと、こちらは焦ってしまって相手に緊張感を与えてしまいます。

そうなると、相手は心を開くどころが閉ざして行ってしまうのです。

 

 

なので、自分がリラックスをした状態でないと相手は心を開いてくれないのです。

 

 

スポンサーリンク

②信頼を深める

次に、信頼を深める行動をとりましょう。

 

 

信頼を深めるには、相手に敵意が無いことを伝えることです。

 

 

具体的にどうすればいいのかと言いますと、相手の動作を真似することが近道です。

 

 

ミラーリングという相手の動作を真似する心理術を使います。

こちらに詳細を書いていますので、参考にしてください。

【心理術】誰でもできる相手に親近感を感じさせる方法~ミラーリング~

 

 

また、文章の場合も同じ要素を使います。

こちらも下記の記事で解説をしていますので、合わせてお読みください。

【心理術】LINEのメッセージやメールで相手と距離を縮める方法

 

 

③相手の悩みを聞く

相手の悩みを聞いてあげるのも、効果的です。

 

 

ここで、一緒に考えてみましょう。

 

 

人間の悩みは大きく言って、いくつの種類があると思いますか?

 

 

 

 

答えは4種類です。

 

 

【人間の悩みの4大原則】

  1. 人間関係
  2. 金銭
  3. 将来(目標や夢など先の事)
  4. 健康

 

 

大半の人は、この4つの悩みを抱えています。

この悩みを聞くことで相手の気持ちをリラックスさせることが必要です。

 

 

しかし、相手は悩みを伝えてくれない事が多いので、自分から聞いてあげる体制が大切です。

 

 

そういった時のテクニックをお教えします。

 

 

悩みを聞き出す方法

相手の悩みを聞き出す時のテクニックを簡単にご紹介します。

 

要は、答えてもらうように相手を誘導すれば悩みを聞くことができます。

 

 

【聞き出す人】

最近元気ないね、調子でも悪い?(健康の悩みを探る)

 

 

【悩んでいる人】

そんなことないですよ。

 

 

【聞き出す人】

健康的なことではなくて、精神的ことだよ。

何か嫌なことがなかった?

 

 

【悩んでいる人】

・・・。実は同僚と業務関係でもめてしまって・・・

 

 

 

という感じです。

 

 

ここでの例は、相手に「健康面」の悩みを探りましたが、答えは違いました。なので、健康面での悩みは無いということです。

 

 

そして、「精神面で嫌なことがなかったか?」と大まかに聞きます。

 

 

そうすると、相手から悩みを話してくれる確率があがりますので、後は悩みを聞いてあげましょう。

 

 

④悩みの詳細を聞く

こちらに関して③で紹介した「悩みを聞く」を深堀します。

 

 

悩みの聞いて、詳細がわかるれば「共感」「対策」「改善」などと提案をしてみることをオススメします。

 

 

この章はシンプルな内容で終わりますが、この後の章が大切なポイントです。

 

 

⑤未来を想像する

一般的な悩みを解決するのであれば、④の「悩みの詳細を聞く」で終わりなのですが、もう一歩進むことで相手との仲は、今まで以上に深まる可能性が高まります。

 

 

【悩んでいる人】

(この人と関わると、どうなるのかな??)

 

このように、相手に未来を考えさせることですね。

 

 

【相手に伝える言葉の例】

  • 人間関係 → 精一杯、協力させていただきます
  • 金銭 → これだけのコストを下げることができます
  • 将来(目標や夢など先の事) → 成功したらどうする?
  • 健康 → いま我慢できないと将来に影響するよ

 

 

 

一例ですが、こういった言葉を相手に伝えることで未来を想像させます。

 

 

つまり、未来を想像させて安心感を与えるということが大切になります。

 

 

信頼を深めて仲良くしよう

以上が信頼関係を深くする5つのステップでした。

文章で使うには、ステップは限られますが対人関係に関しては、これを覚えておくと役に立ちます。

 

 

こういった内容を相手に伝えるには初めは難しいですが、徐々に慣れてくるので身近な人から練習をするのが良いと思います。

 

 

相手によって、いろんなパターンの対応があるので面白いですよ。

 

 

あとは、マンガの「対人心理」もオススメです。

イラストが描いてありマンガ形式で以下の対人心理を勉強できます。

 

  • 第1章 対人関係で悩む
  • 第2章 やっかいな人を分類してみる
  • 第3章 嫌な人間関係を変える
  • 第4章 苦手な人と上手に会話する
  • 第5章 イライラを鎮める
  • 第6章 部下のやる気を引き出す
  • 第7章 集団に働く心理を知る
  • 第8章 相手の怒りを収める
  • 第9章 恋人との関係を築く
  • 第10章 心のバランスを保つには

 

この章を見ただけでもワクワクします(笑)。

頭に入れやすいので、興味がある人は一読をしましょう。

 

スポンサーリンク

-Mentalism
-, , , , , , ,

© 2020 Hamui Blog Powered by AFFINGER5