Book

モノ選びで人生を変える!~モノマリスト堀口英剛さんの著書が良い~

こんにちはハムイ・ライトです。

 

以前にTwitterでこんな内容を呟きました。

 

そうです。最近ミニマリストの考え方にハマって実際に物を手放す習慣をつけました。

しかし、ある日YouTubeを見ていてミニマリストならぬモノマリストという言葉を聞いたのです。

 

 

モノマリスト?

 

もちろん初めて聞く言葉でしたのでモノマリストが何を意味しているのかはわかりませんでしたが、YouTubeと先程写真で載せた本を読んだ結果、私はモノマリストに近い考えかもしれないと思ったのです。

 

今回はモノマリストに関する「人生を変えるモノ選びのルール」の本を読んだ内容をお話しようと思いますので、よろしくお願いします。

 

では、いってみよう!

 

スポンサーリンク

モノマリストとは何だ?

モノマリストというのはミニマリストとは似て非なるものです。

ものすごく簡単に言うとミニマリストは最低限の持ち物で生活をする人たちの事を言いますが、モノマリストは必要な物を取捨選択して所有するという意味でした。

 

そして「モノマリスト」というのは堀口英剛さんという方が作られた造語でした。ミニマリストの派生でご自身で造られたのでカッコいいですね。まるで私のテーマパーカーみたいな感じですね(でしゃばるな)。

 

堀口さんの事を載せておきます。

堀口英剛(ほりぐちひでたか)

株式会社drip代表取締役ブログ「monograph(モノグラフ)」を運営中 → ブログはこちら

YouTubeは → こちら

備考:超イケメン

 

堀口ぐちさんの本は買い物のお手本!

モノマリスト堀口さんの著者はこちらです。

 

『思考と暮らしをシンプルに 人生を変えるモノ選びのルール』

 

表紙は堀口さんがこだわって所有しているアイテムの数々です。

シンプルな物でオシャレな感じが表紙越しに伝わってきますね。

 

本の構成

本の構成は以下の通りです。

  1. モノマリストの考え方
  2. 生活に関するモノの考え方
  3. モノ選びのルール
  4. 堀口さんのこだわりのモノ
  5. 堀口さんが現在好きなモノ

 

前半はモノの選び方、買い方などを説明されていて、後半は堀口さんが本の前編で培ったモノ選びをふんだんに使って、こだわって所有している選び抜いたモノたちを紹介しています。

 

では、本書の見どころポイントをお話していきますね★

 

モノに投資をしよう

モノマリスト堀口さんの考えで、モノには投資をしようという事でした。

 

もちろん、あれもこれもという感じでいろんなモノに投資するのではなくて、自分が楽しく感じるモノ、ときめくモノなどを厳選してモノを買おうという内容でした。

 

これはすごく共感ができます。

 

私の場合ですと音楽をパソコンで聴く時には内蔵されているスピーカーでは低音の効きが弱く、どうしても物足りなくなります。

ミニマリストの考え方ですと音楽が聴けるならパソコン再生だけで充分という方ももちろんいらっしゃるでしょう。

 

しかし、私は音楽が大好きです。やはり低音が効いた音を楽しみたいのでスピーカーが欲しくなります。

 

そこで選んだのがBoseの「Companion 2 Series Ⅱ」でした。

 

手軽な値段なのに低音が効きつつ中音、高音がギュッと詰まった感じなのにクリアな音に聴こえるのが好きなところです。言葉で説明するのはなかなか難しいですが、かなりいい音です。

 

なので、これは私にとって必要なモノになります。

音楽はやはり良い音(好きな音)で聴きたいです。そうでないと楽しい気持ちや頑張ろうっていう気持ちにはなりませんよね。

 

 

残念ながらこの型は廃版になりましたが、現在では後継機の「Bose Companion 2 Series III」が発売されているので機会があれば聴いてみてください。

 

オススメの聴き方はスピーカーから少し距離をとった方が、音の良さを感じられますよ。

 

 

 

モノから人の情報を読み取る

次に、心理術が大好きな私にとっては魅力的なポイントでした。

本書の中にモノから伝わる情報は多いという内容が書かれており一部を抜粋します。

 

ケースをつけず画面が割れたままのスマホを使っている人は高い確率でリスクに対する理解が甘く、かつ問題を解決せずに先延ばしにする性格があると思われても仕方ありません。

 

『人生を変えるモノ選びのルール』25ページより引用

 

これを読んだ時に同感!って思いました。

 

そして、同時に堀口さんは洞察力の高い人だと見受けられます。

 

私も人を判断する時には外見や行動を観察して、よく分析をすることが多いです。そして本書でも書かれているように、相手が持っている物は貴重な情報源になりますので観察は欠かしません。

 

これは生活をしていく中でも非常に大切な事で、モノを見て観察するとこんな事がわかるかもしれません。

対人関係 モノからの情報 自分の行動
ビジネス 最新ガジェットを身に着けている上司 家電製品を情報を聞きつつ中を深める。

営業のやり方を教えてもらう

恋愛 異性がウォークマンを持っている 好きな音楽の共通点を話す

コンサートなどに一緒行く

このようにして、相手の事を知る機会作りが出来て思わぬ発展にいくかもしれない可能性もありますので、モノから伝わる情報はバカにしてはいけません。

 

本書ではそのような事も書かれているで「モノ」は「ヒト」を繋ぐツール(道具)として考えると日常が変わるかもしれませんね。

 

堀口さん流モノ選び

さらにどうやってモノを選んでいいかわからないという方に堀口さん流の選び方が書かれています。

 

これを簡単にまとめると以下の通りです。

  • 長く使えるモノを選ぶ
  • 欲しいと思った時に買う
  • 一日一つモノを捨てる

 

他にも紹介したい堀口さんルールはたくさんありますが、個人的にこの3つのポイントを押さえておけば日常でも、困ることは少ないと思います。

 

考えのベースはミニマリスト思考なので基本的には「必要ない」「いつか使う」という考えではなく「必要な時にすぐ買う」ということが堀口さん流ですね。

確かに、保険をかけて「一応買っておこう」となると現時点で必要ないしモノですし、結局使わない事が多いです。

 

他のルールもしりたいという方は是非、本書を読んでみて多くのヒントを得るようにしましょう。

 

スポンサーリンク

さいごに

以上がモノマリスト堀口英剛さんの『思考と暮らしをシンプルに 人生を変えるモノ選びのルール』の本のご紹介でした。

 

今回ご紹介したのは全部ではございません。ほんの少しです。

 

ミニマリストは向いてないけど、モノマリストなら皆さんも挑戦しやすいと思いますので本書で勉強して自分に必要な物を見極める練習をしていきましょう。

私も早速、手放せるものは手放し、必要なモノをピックアップしていきます。

【こちらも合わせて是非お読みください】

「ミニマリストしぶさんの著書『手ぶらで生きる』が面白い」

今回は以上です。またお会いしましょう!

ほな、またね( ´Д`)ノ~バイバイ

スポンサーリンク

-Book
-, , ,

© 2020 Hamui Blog Powered by AFFINGER5