Idea Change

どれだけ友達が多い人でも確実に連絡できる人数は決まっている~ダンバー数を勉強しよう~

こんにちはサイコリストのハムイです。

突然ですが、皆さんは友達や知り合いって多いですか?

私は正直多いとは言い難いですね。数えられるのが早いくらいです。しかしそのほうが付き合いは楽だったりもします。

最近ではSNSが爆発的に流行り出して、簡単に共通の人を見つけられるようになりました。そこで目にするのがフェイスブックやツイッターなどでつながっている人が何百人~何千人といる人がいます。

 

正直、うらやましいです(笑)

きっと魅力のある人とも思いますし、努力家なのだろうと感じさせられ、自分のやる気に火が付きます。

 

しかし、ふと思ました。

 

それだけ多い人数と本当に連絡を取りあえるものなのか??

そういったお話をしていこうと思います。


【人間が確実に連絡を取れる人数は決まっている】

現在の社会では人間関係を断ち切るのは不可能です。電話、メール、実際に会う、オンラインゲームなど、時代が進歩するにつれて連絡はとれやすくなりますし、人の備わった社交性の機能は変わらないからです。

では実際にどれだけの数の連絡が取れると思いますか?みなさんも一緒に考えてみましょう。

 

 

 

 

わかりましたか?

 

 

 

 

 

はい、では答えです。

 

実際に連絡が取れる人数は約150人と言われています。

そもそも人間というのはアナログです。SNSなどを含め膨大な数の人々を覚えていられないし、処理もできないのです。


スポンサーリンク

脳の構造がそうなっている

何故それだけしか覚えていられないのかというと、心理学では脳の容量の問題ではないと言われています。

脳の人間関係部分の経済的な上限の問題だと言われています。

人類学者のロビン・ダンバーという方が、他社との交際をつかさどる脳の部分は新皮質であり、霊長類ごとに、新皮質の大きさによって平均的な社会集団の大きさと相関関係にあると提唱されました。

同じ霊長類でもサルは集団が小さく、人間の集団は大きいという事です。

 

そしてダンバーは集団が大きくなれば大きくなる程、社会的なつながりを維持するのに必要な時間も長くなると言っています。

やはり、人間というものは常に記憶を更新しないといけません。誰と誰が友達で、あの人は何が好きでなど、言い出したらきりがないですね。つながりを維持するのも本当に大変です。

そして、この人間が安定的に関係を持てる上限の数の事をロビン・ダンバーの名前から取って、ダンバー数と名付けられるようになりました。


【大企業が子会社を使う理由】

現代社会において、実はこれもダンバー数で説明できると言われています。

これはマルコム・グラッドウェルという作家の『急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則』という著作にも書いてあるのですが、会社の規模が150人を超えると生産性が非常に低くなり、会社は子会社を作って組織を小さい集団にすることになると述べています。

簡単にいうと、各会社の全員が全員と付き合える程度の人数に分かれて、大企業と子会社をつなぐ役は一部の人に任せている状況という事です。

まぁ大企業に入った知り合いの人に話を聞いたことがあるのですが、数百人入った同期社員でも実際に覚えているのは自分と関りがある人数だけとも言っていたので、間違いではないでしょう。

 


【最後に~最新のダンバー数の研究結果~】

最後にですが、友人や知り合いは150人より少ないのが一般的だと思いますが、理由があって大きな人数での関りをもつ時には、インターネットいう便利なツールを使う事で人数というのは維持ではできますし、増やすこともできます。

しかし最新の研究によると、1000人以上の数と関りを持っている人でも連絡を取っているのは、やはり150人ほどとのこと。そしてその中でも親密に関りがあって連絡を取っている人数は20人未満という結果がある。

確かにそうだと思いました。実際の知り合いや友達は10人ほどで、実際に連絡とっているのは3人、私のツイッターでも約70人のフォロワーがいますが、頻繁にリプをする人数は3~4人くらいです。

私の結論としては数多く人と繋がることは良い事だと思もうが、実際に関わっている人は限りなく少ないということは現実的だと思った。そして環境などの変化によって数は変わっていくので、難しいなと。

友達や知り合いが多い少ないのではなく、深い関係が素敵なのでそちらを大切にしたいと思ったりします。

しかし、これからどんどん読者やフォロワーを増やして行きたいので、まずは頑張ります(笑)!

以上、ダンバー数についてのお話でした。

今回はここまで!また次回お会いしましょう!

ほなまたね( ´∀`)ノ~バイバイ

 

スポンサーリンク

-Idea Change
-, , ,

© 2020 Hamui Blog Powered by AFFINGER5