Mental Health

親の言う事は全部聞かない方が良い~人生の時間を無駄にします~

こんにちはハムイです。

今回は親の言う事は100%聞くことはない!というお話をしようと思います。

この文章を見ただけでは親は「何を言っているんだ」と思いますし親がいる子どもは「何でだ?」と思うと思います。

私自身、親の言う事を聞いてきて体験をしていたのですが、結果としてあまり良くないと実感しました。その理由がこちらです。

  • 人生の選択肢が狭まる
  • 考える力が無くなる
  • 成長ができない

恥ずかしいかもしれませんが、20代前半までは言いなりだったので何も考える事ができませんでした。というか、そういう風にさせられていました。

現在、子どもを持つ親には出来るだけこの様にしてあげて欲しいという事と、子どもの立場の人はそういう考えもあるんだなという感じで見て頂ければと思いますので、よろしくお願いします。


【将来の選択肢が狭まる】

まず、親の言う事を聞いていると将来の選択肢が狭まります。大きく言うと人生の生き方が狭くなるといっても良いでしょう。

もちろん100%聞くなとは言っていません。犯罪には手を出すな、命を落とす事故に繋がるような事は親は教えてあげるべきですし、そういう場合は子どもは聞くべきです。

しかし、子どもの人生は子ども自身がが決めるものです。全部を親の言う事を聞く必要はありませんし、それを聞く必要もありません。

それを詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

私は言われるがままの人生だった

私は小さい頃から親にこう言われ続けました。

「中学校で受験して、その次に地域学力トップの高校に行き、高学歴の大学を卒業して、公務員や医者になれ」

 

まるで洗脳ですよね。

 

保育園の年長から小学1年生になる頃ぐらいに、マジで言われ続けました。

 

当然、こんな小さい頃に自分の将来について考える子どもはいませんし、親にそう言われたら「そうしないといけないんだ」と思います。

 

私は小学生の頃に絵を描く事が大好きだったので、「絵の教室に通って習いたい」と言うも「そんなものは将来役に立たない」と言われましたし、教室がダメなら中学で美術部に入ろうとすると「中学では運動をしろ」と拒否をされ全く興味の無い野球部に入らされました。

 

 

高校~大学在学中には音楽関連の仕事を目指していたので、ミュージシャンになるのか、楽器屋さんなのか作曲家になるのか悩んでしましたが「民間企業なんてダメだ」と言われて、当時は考えさせられる暇もなく「私の考えは間違えている」と洗脳されるかの様に拒否されました。(そもそも何故、民間企業がダメなのかもわかりませんしね。)

今思うと、恐ろしいですよね。自分のやりたいことを全否定されています。そして、やはり親の言う事が正しいと思ってしまっていました。

 

つまり、私には選択肢が無かったのです。

 

結果、私の今までの人生はどうだったかと言うと、中学受験もしてないし、高校や大学も大したことも出ていないし、民間企業に就職しました(現在は辞めていますけど)。

心のどこかでやる気が無くなっていたんでしょうね。


【考える力が無くなる】

次に、親の言う事ばかり聞いていると考える力が無くなってきます。

先程の私の体験の様に、親から「○○しなさい」ばかり言われ続けると、自分で考えることを放棄してしまいますので、物事に対して発想ができなくなりますし、何をするにしても親に許可をとってから行動をしないといけなくなります。逆に許可をもらわないと行動が出来なくなるという事ですね。

つまり、鵜呑み状態という事になりますので危険な状態になります。

悪く言うと、操り人形みたいな感じになってしまいます。そして、これが悪化すると最悪の場合精神崩壊に陥り、鬱病だったり自殺、犯罪といった方向に行ってしまう可能性もあるわけです。

対処方法

そういう時の対処方法はシンプルです。これは子どもの立場の人についての対処方法ですが、何に対しても疑問に思う事です。実はこれが1番大切なんです。

言われるがままでしたら考えることはできませんし、言われた通りの答えしか思いつきません。

例えば、未成年の子どもが「銀行口座を作りたい。」と親に言ったとします。それに対して「危ないからダメ。」と言われたとします。

私の今までの人生だったら「ああ、ダメなのか。」と考えることを放棄して、何もしなかったでしょう。

しかし、そこで「何故、銀行口座を作るのがダメなのか。」と考えることが大切です。

  • お金の出し入れが危ないのか
  • 詐欺に利用されるのではないのか
  • そもそも作る必要がないのか

このような事を考えると自分で考える力を付けられます。そして、次に自分は何をするべきだろうと考えていきましょう。

慣れてくると、自分にとっての何をすべきかという考えを元に選択肢を増やしていけるので、毎日どんな些細な事でも良いので疑問に思い、考える癖をつけておきましょう。

 


【成長できない】

次に、親の言う事を聞いていると成長できないというお話です。

先程の「考えること」を放棄するという事が何に繋がるというと行動に繋がります。

つまり、何でも親の言う事を聞いていると一方通行の生き方しかできませんし自分自身が成長できない可能性が大いにありますし、せっかくチャンスが訪れても棒に振ってしまうからです。

やってもいない事に対して初めから「ダメだ」と決めつけることが親の1番してはいけないことだとおもいますし、少しでも興味を持ったものには挑戦させるべきです。

その興味を持った分野を通じて社会の役に立つ可能性もありますし、何より興味があるということは熱心になってその分野を極めるという事になります。それを拒否する理由なんてないですよね。

スポンサーリンク

手っ取り早く成長できる方法

自分の考えを持ち、成長していく方法で1番良いのが、一人暮らしをしてみる事です。私も嫌気がさして東京で一人暮らしをしたことがあります。

 

結果、これは大成功。非常に良い経験だったと思います。

 

何もかも自分で考えて、決めて、行動しないといけないので、いちいち許可を取る必要もありませんし、拒否される事もないのです。

そして、改めて今まで親の言いなりだったと感じで人生の時間を無駄にしたと反省しました。約20年は自分で考えられない環境だったので悔しいですが、過去を悔やんでも何も変わりませんのでこれからの事を考えるようにしています。

現在は自分の考えをしっかりとして、行動できるので幸せです。これらを早ければ早いほど自分の成長速度が上がるので、いちど一人暮らしをしてみてみるのはオススメです。


【さいごに】

確かに、親は先に人生を先に経験しているので、まだ未経験な事が多い子どもに対して心配になるかもしれませんが次の二つの事は避けてください。

子どもの意見を聞かない事

親は自分の意見を押し通して言いなりにする事

このふたつの事は辞めた方が良いです。

全否定するという事は人格を否定する事と同じと考えてもいいでしょう。

子どもが考える事には理由を与える事ですし、どうすればそれが子どもにとって上手くいくのかという事を考えることが一番大切なのです。

そして、子どもの立場の人は自分の考えを大切にしてください。そして人生を少しでも悔いのない方向へと選択してください。

今回は以上です!また次回お会いしましょう。

ほな、またね( ´Д`)ノ~バイバイ

 

スポンサーリンク

-Mental Health
-, , , ,

© 2020 Hamui Blog Powered by AFFINGER5