(景品表示法に基づく表記)本サイトはプロモーションが含まれています。

未分類

【CASEKOO】iPhoneケース『INO』が斬新!そこが動くん!?【レビュー】

iPhoneケースで有名なCASEKOOが、新たに画期的なケースを開発したとのこと。

いつもワクワクするギミックがあるケースなので、今回もどんな仕上がりになっているのか楽しみだ。

レビューをしていくので、iPhoneケースで悩んでいる人は参考にして欲しい。

※今回紹介するケースはiPhone15 Proシリーズのみの対応になっています。

ハムイ

Hamui(ハムイ)です。

ガジェット紹介や、生活改善情報を発信しています!

各メディアでの情報発信はこちら

スポンサーリンク

CASEKOO『INO(イノ)』

こちらが今回紹介するCASEKOOの新商品『INO(イノ)』というiPhoneケース。

見た目は従来と同じように見えるが、劇的に進化しているので、これから詳しく見ていこう。

対応機種・カラーラインナップ

現時点で対応しているシリーズはiPhone15 Pro、iPhone15Pro Maxのみ対応となっている。

カラーラインナップはブラック、ブルー、マットクリアの3種類展開。

僕は今回ブラックを提供していただきました。

対応機種 iPhone15Pro/15ProMax
カラー ブラック/ブルー/マットクリア

【スタンド】CASEKOOの常識をぶっ壊した仕様になった

先に何が変わったのかを言おう。

CASEKOOは今まで主にリングとスマホスタンドを兼ね備えたケースを販売していた。

今回のケースも一見すると、どこが変わったの??って思ってしまう。

なんと、今回のケースでは・・・そこが動くんかい!!

てっきりリングっぽい部分が動くのかと思いきや、まさかの下のスタンド部分が動くとは(笑)。

一応、従来のリング付きのケースと比べてみると、違いがわかる。

これはCASEKOOの今までの常識をぶっ潰してきたなぁと実感。

ということで、これからケースの特徴をお伝えしよう。

スポンサーリンク

iPhone15Proシリーズ用ケース『INO』の特徴

INOの特徴は以下の通り。

ココがポイント

  • スタンド部分がシンプルな使い勝手になった
  • スタンドは360度回転する
  • MagSafe対応(磁力も強力)
  • スタンドの耐久性が非常に優れている
  • 米軍MIL規格認証済み

スタンド部分がシンプルな使い勝手になった

先述した通り『INO』はリング機能がなくなり、スマホスタンドとして特化したiPhoneケースになっている。

スタンドに特化しているので、ハンズフリーの作業の際に使い勝手が良くなった。

ケースとスタンドが一体化しているのに、ゴツくない感じに仕上がっているのも良いポイント。

従来のようにスマホリングが欲しいなら、MagSafe対応のリングを使うことになる。

スタンドは360度回転、縦横170度まで調整できる

引用:CASEKOO

スタンド部分は360度回転する事ができて、縦横は0〜170度調整ができるようになっている。

自由度が高く調整ができるので、自分好みにセッティングできる。

動画視聴、会議、配信もこのケースでまかなえる。

MagSafe対応&磁力がすごい

引用:CASEKOO

リング内にネオジム磁石という超強力な磁石が搭載されている。

特許取得をしたHalbach Array(ハルバッハ配列)によって、従来のケースよりも20倍の磁力を誇る。

MagSafeにも対応をしていて、最大15Wの高速ワイヤレス充電も可能だ。

ネオジム磁石が過剰な電流による過熱・バッテリー寿命の低下も防いでくれる。

スタンドの耐久性が非常に優れている

引用:CASEKOO

スタンド部分はCNCヒンジ技術と航空アルミ合金を採用していて、30,000回の開閉テストをクリアしている。

毎日50回以上使用しても1年以上は、スタンドの安定性は維持が可能。

米軍MIL規格認証済み

引用:CASEKOO

ケースの4隅には耐衝撃エアクッションが備わっているのと、ケース周囲に3層のバンパーが入っているので頑丈に作られている。

20,000万回の衝撃テスト&3.66mの落下テストにも耐えていて、米軍MIL規格という厳しい審査も通過している。

よくiPhoneを落とす人には必須のケースだ。

ケースの外観をチェック

INOの外観をチェックしていこう。

まず正面はマットな質感で半透明になっている。以前紹介した『Pro MagicStand』『Shirudo Magicstand』と同じ質感とカラーだ。

唯一、違うのはロゴマークがスタンド部分に刻印されていること。

こちらが電源ボタン側。

ボリュームボタン側(ストラップホールあり)。

スピーカー&端子部分

裏面には「Designed by CASEKOO」の文字があった!これは初めて見たかも。

四隅には衝撃から守ってくれるエアクッションも健在だ。

ケースの重さ

INOケースの重さを量ってみると48g。軽い!

iPhoneに装着していても重さを感じにくい。

スタンドの角度

スタンドの角度について試そうと思う。

スタンドは360度回せて、角度は最大170度まで倒すことができる。

iPhone本体をしっかりと支えることができていて、グラグラと不安定になることはなかった。

縦置きはビデオ通話・ハンズフリーでネット検索・配信などに便利だ。

スタンドを横置きにすると次のようなイメージ。

こちらもしっかりと支えられていて、不安定さは感じられない。

横向きは動画視聴、記念撮影に最適だ。

iPhoneにケースを装着したイメージ

ケースを装着するとこんな感じの見た目になる。

しっかりとiPhone全体をカバーしているので、頑丈さが伝わってくる。

(iPhone15Pro実機を持っていないのでモックを使用しています。)

カメラ部分も保護しているのでキズが付きにくい。

撮影を良くする人はカメラが命なので、それを守ってくれるのはありがたい。

ボリュームボタン側部分。

電源ボタン側。

端子部分。

両側面はグリップ力があって安心

INOケースの両側面も従来通りグリップ力があるので、滑りにくくiPhoneを落としにくくなっている。

握り心地も良く、手に馴染む感じがすごく良い。

『INO』の良いところ

INOの良いところをまとめると次の通り。

『INO』のココが良い

  • スタンド一体型のケースでは薄くて軽い
  • スタンドは安定力は抜群
  • ケースにグリップ力があって持ちやすい
  • iPhoneを衝撃から守ってくれる
  • iPhoneのデザインを損なわない

『INO』の惜しいところ

INOの惜しいと感じたところは以下の通り。

ココが惜しい

  • リングを使う場合は別製品の購入が必要
  • iPhone Proシリーズしか対応していない
  • 縦置き充電をする際にはMagSafe対応の充電器が必須

【おわりに】ハンズフリーが多い人にオススメのiPhoneケース

CASEKOOの新ケース『INO』のレビューでした。

従来のリング機能を無くしたのは大きな決断だったけど、実際に使ってみると案外使い心地は良いと感じた。

スタンド部分やMagSafeを自由に使える分、操作のカスタマイズ性がしやすくなった。

スタンド付きケースを探している人は『INO』を、是非チェックしてみてください。

Amazonでチェックする

あわせて読みたい

過去に様々なCASEKOOのケースを含めた商品をレビューしているので、そちらも合わせて読んでみてください。

リング360°回転!iPhone15Pro/Pro Maxケース『Pro MagicStand』レビュー【 CASEKOO】

続きを見る

軽い&耐衝撃!万能iPhoneケースSlim Magicstandレビュー【CASEKOO】

続きを見る

【CASEKOO】『Shirudo Magicstand』『KŌRI Magicstand』iPhoneケースレビュー

続きを見る

おすすめの車載(スマホ)ホルダー!コレを買えば間違いない【CASEKOO】

続きを見る

スポンサーリンク

-未分類
-, , , , , , , ,

© 2024 Hamui Blog -ハムイのブログ- Powered by AFFINGER5