Mentalism Psychology

皆様へ、この記事はマジで見ないでください。【カリギュラ効果】

 

 

 

見ないでって言ったのに・・・・。

 

なんで来たのですか。

 

 

 

 

 

うそです!ごめんなさい!

 

本当はめっちゃ嬉しいです!もっともっと遊びに来てください。

ということで、本日の肩書はサイコリストのハムイです。

「この記事は見ないでください」と書かれたらついつい見てしまいますよね。ちゃんと科学的根拠がありますので今回はそれに関しての心理学をお教えします。


【よく見かける心理効果】

一度は皆さんも先ほどの様な事を見たり、言われたりしたことがあるのではないでしょうか?

例えば、こんな場面に遭遇するとします。

  • 穴が開いてあり「覗くな」という紙が貼ってある。
  • 買わないでくださいという商品がある。
  • こっちを見ないでと言われる。

穴があったら覗きたいし、買わないで下さいと書いてあれば買いたくなりますし、見ないでと言われたら見たくなりますね。

そうです、逆にやってしまいたくなるこの衝動こそがカリギュラ効果と言います。

このカリギュラ効果でついつい物を買ってしまったり、人と関わってしまったりという経験があるあなたは無意識にまんまと引っ掛かってしまっているという事です。

まぁ・・・私もこの効果を知る前は普通に衝動に襲われていたひとりです(笑)


 

スポンサーリンク

カリギュラ効果の由来

このカリギュラ効果の由来ですが、心理学者の名前から来ているのかなと思いきや、違うのです。

少し古い海外の映画なのですが、イタリアとアメリカが共同制作した映画で『カリギュラ』という作品が1980年に上映されました。

歴史物でローマ帝国の皇帝の人生が描かれた内容なのですが、実はめちゃくちゃ成人向けのポルノ映画だったのです。非常に過激な描写だったのでアメリカのボストンで上映が禁止になったのです。

「禁止になる映画ってどんなの?気になるし観に行きたい!」という人が増えて、別の州をまたいでまでその映画を観に行く人が続出したことからカリギュラ効果と名付けられたと言われています。

今の時代は便利ですね。すぐに検索できますので私もカリギュラってどんな映画なのかと検索したら「あ、これは絶対にあかんわ(笑)」と思ってしまうほどの過激ポルノだったのです。まず現代での上映は無理だし下手したら訴えられるかもしれません。

なので、絶対にカリギュラという映画を調べてはいけません。過激なので。

あ、これもカリギュラ効果ですね(笑)


【ビジネスで使われています】

そんなカリギュラ効果ですが、ビジネスでは多く使われているし、使う事もできます。

例えば本にこんなフレーズが書かれた帯があったとしましょう。

 

「ビジネスで儲けたいと思う人は必ず読んでください。」

 

確かに、買ってみようかなと思うかもしれませんね。逆に言えばビジネスの儲けに興味が無いひとは買わなくていいです言っているようなものです。

もう少し工夫をしてみたらどうでしょうか。上記の文だと悪くはないけど、どことなくインパクトが無いと思いませんか?それに、記事の最初に書いたことを思いだして欲しいのですが「〇〇しないでください」という言い方と、多少の理由を付け加えればもっと効果がよくなります。

改善した文だとこんな感じです。

 

「この本を読み、ビジネスで実業家が大成功!儲けのカラクリを大公開!すでに成功者の方は読まないでください!!」

 

こんな感じだと、気になりますし読みたくなるでしょう?この様に、ありとあらゆる所にカリギュア効果は存在しているのです。


注意も必要

このカリギュラ効果ですが、注意も必要になってきます。それはどういう内容かというと、まず頻繁に使わない事です。

カリギュラ効果を頻繁に使ってしまうと信用度が下がってしまうからです。例えばYouTubeなどの動画サイトで動画を見る際に「閲覧注意」と書かれたタイトルの動画があったとします。

初めは興味が湧くので、ついつい動画を見てしまいますが次の日や数日後にも「閲覧注意」と書かれた動画があったらどうでしょうか?

「またこれか。」と思ってしまうと思いますし、視聴者は動画投稿者に対して信用を失う事になります。

ですので、ここぞという時にカリギュラ効果を使う事をお勧めします。


スポンサーリンク

カリギュラ効果に引っ掛からないようするには?

カリギュラ効果で気にかけて頂きたい言葉が「注意」「禁止」「厳禁」などの言葉です。この言葉の威力は強くて好奇心をそそられる確率が非常に高くなっています。そういう言葉を使っているものは高確率で良くない物があります。全部が全部とは言いませんけど、詐欺とかもありますしね・・・。

 

人間はどうしても欲求が強い生き物ですので、このような言葉を目にしたり聞いたりするとどうしても興味を持ってしまいます。

そこでカリギュラ効果の対策としては以下の方法があります。

 

一度、立ち止まって考えてみる。

 

これしかありません。

カリギュラ効果の怖いところは無意識に相手を行動させることなので「これは自分を試しているんだろうな。」という気持ちでいれば、まともな判断が出来るはずですので機会があれば一度立ち止まって考えてみましょう。

 


【子どもにおけるカリギュラ効果】

そして、子どもを持つ親も注意です。カリギュラ効果は子どもに対して危険になる場合があるからです。

子どもというのは、本当に何でも興味を示してしまう好奇心の塊です。親が「それはやっちゃダメ!」と、どんなに強く言っても子どもは反対の事をしてしまいます。

例えば子どもがコンセントを見つけて遊んでいたとしましょう。それを見た親が子どもに「それは触っちゃダメ!いいから離しなさい。」というふうに言ったとしましょう。

この言い方は非常にまずく、子どもは再びコンセントを触ってしまう恐れがあります。


ちゃんと理由をつける。

危険な行動を防止するには、ちゃんと理由を付けて子どもの好奇心を満たすことが大切になってきます。

先程のコンセントの例ですとこんな感じに言った方が効果があります。

「それは電気が流れてビリビリして痛いの。危ないし、ケガをしたらママ(パパ)は悲しいから、触っちゃだめだよ。」

こういう風に理由を伝えることが大切です。こうすることによって子どもが納得して理解してくれます。

よく見かけるのですがショッピングモールとかで子どもたちが走っていて親が「走るな!」「やめろ!」とだけ注意してる場面をよく見かけますが、あれじゃやめないし余計走るわなぁって思って見てます・・・。

「それはカリギュラ効果と言ってですね・・・。」なんて、その親に言いに行くと変質者だと思わるので、そっとしておいてますがね(笑)

なので、子どもに注意する時は必ず理由を言って好奇心を満たしてあげてください。


【さいごに】

はい、以上がカリギュラ効果に関しての内容でした。普段生活の中でこういう効果ってなんとなくわかっていたけど、そうだったんだと思ってくれてカリギュラ効果に対して一度考えるようになってもらえたら嬉しいです。

カリギュラ効果は決して悪い事ではないのは覚えておいてください。使い方が悪いとダメなのです。

なのでこのカリギュラ効果については絶対に言わないでくださいね。

もうええっちゅーねん!

 

では次回またお会いしましょう!

ほなまたね( ´Д`)ノ~バイバイ

スポンサーリンク

-Mentalism, Psychology
-, , , , ,

© 2020 Hamui Blog Powered by AFFINGER5